毎月出てくる取引は経理のしくみで効率化。

フリーランス

じぶんで経理するなら、経理を効率化したいものです。

取引には、毎月あるもの、パターン化できるものも多いです。
経理のしくみをつくればイチから入力する必要はなくなります。

お金が動いたら経理する

 

経理が必要なのは、数字で表現できること。

  • 預金のお金が動いた
  • クレジットカードで決済
  • 電車に乗ってSuicaを使った
  • Amazonでモノを買った
  • 売上が立った
  • 入金があった

という場合には経理が必要です。

 

経理はカンタンではないのですが、じぶんの仕事の経理なら、取引パターンはある程度決まっています。
取引が毎月コロコロ変わるようなことはないでしょう。

 

だからこそ、じぶんで経理をすることもできると考えています。
毎月あるような取引なら、しくみをつくればイチから入力しなくても済みます。

 

 

毎月出てくる取引は経理のしくみで効率化。

 

毎月ある取引パターンについては、仕訳をイチから入力しなくてもいいしくみをつくりましょう。
次のようなものがあります。

 

売上

 

クラウドの請求書ソフトを使っているけど、売上の経理を入力しているということもあるでしょう。
ただ、クラウドの請求書ソフトを使っている場合、仕訳データをクラウド会計ソフトに連携できるケースがほとんどです。

連携しておけば、売上の仕訳を入力する必要はありません。

 

注意点として、マネーフォワードの場合は請求書のデータを変更した場合、その変更後のデータは連携されません。連携としてどうなんだろうという話はありますが。

 

クラウド会計ソフト、便利ではあるのですが、過信しないことです。
適度な距離感で付き合うのがいいかと。

 

給料ソフトも同じように連携できますが、これも科目などを正しく設定していることが前提です。

 

借入金の返済

 

銀行からお金を借りるという取引は単発ですが、お金を返すのは毎月の取引。
この返済の仕訳をじぶんで入力してはいけません。

 

自動化しましょう。
クラウド会計には、自動仕訳ルールというのがあります。

 

ネットバンクからどんなデータが流れてくるかを観察するのです。

  • 元本と利息の合計額で連携されるか
  • 元本と利息が別々で連携されるか

それを踏まえて、学習機能や自動仕訳ルールを使って仕訳を自動化することができます。

 

もし元本と利息をまとめて払っている場合は、「証書貸付」などの摘要から自動仕訳パターンをつくることができます。

 

考え方はこちらの記事でもまとめています。

フリーランス・ひとり社長がクラウド会計を使うなら知っておきたい 自動仕訳パターンの考え方 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

 

連携しない取引

 

クラウド会計ソフトを使っているからといって、全自動ではありません。
データ連携ができない取引は、入力が必要です。

 

ただ、どこで入力するかも大事です。
Excelを使いましょう。

 

Excelに入力しておけば、Excelからクラウド会計ソフトにインポートができます。
また、データ連携をしないサービスでもネットからCSVファイルをダウンロードできる場合も多いです。

しくみをつくれば、インポート用の仕訳データにすることができます。

フリーランス・ひとり社長がクラウド会計を使うなら知っておきたい 自動仕訳パターンの考え方 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

会計インポートでダブリに気づくための対処術。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

経理の「めんどくさい…」を減らすためにやっておきたいデータ連携・インポート – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

毎月の数字チェックはじぶんの目で

 

経理処理の効率化はしくみをつくればできます。
どうすれば、イチから入力しなくて済むかを考えてみましょう。

いっぽうで、経理をしたあとの数字のチェックはじぶん目でやることが欠かせません。

 

  • 経理した結果の利益が正しいかどうか
  • 預金残高は正しいか
  • お金が増えているか減っているかとその理由
  • お金がどのくらいまで持ちそうか
  • どのくらい税金を払いそうか
  • 売上の内訳はどうなっているか

 

「じぶんで経理する」の真意は、じぶんの数字のチェックをじぶんのタイミングでできるようになることです。

誰かにお願いするとなると、じぶんの知りたいタイミングでチェックができませんし、数字のチェックスキルも磨かれませんので。

 

ということで、フリーランス、ひとり社長は経理をするなら、しくみをつくってイチから入力することを減らしてみましょう。

何かしら効率化できることはあるはずですし、経理の入力より数字をチェックするスキルを磨きたいものです。

じぶんのしごとの数字だからこそできることです。

 


【編集後記】
昨日は個別コンサルティング。雑談もしつつ。その後に相続、株式関係の打合せでした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある仕事の依頼
モロゾフ さくらんぼゼリー