NumbersのファイルをExcelに変換する方法。(Mac版・Windows版)

Excel

Macの表計算ソフト、Numbers。このNumbersはExcelと似ていますが、Excelで開くことのできないファイル形式です。

このNumbersのファイルを受け取った場合にExcelでファイルを開く方法をMacとWindows、それぞれのケースでまとめてみました。

NumbersはMacの表計算ソフト

Numbersとは、Macの表計算ソフトです。イメージとしてはExcelと似ています。

GOforIT

Excelと同じような操作はできるのですが、うーん、Excelに慣れているとかなりの違和感が…。

 

わたしはこのNumbers、ほぼ使ったことはありません。
WindowsにもExcelはありますし、MacにもExcelはあるからです。

Microsoft 365 を契約してみた 仕事を楽しむには、まずは楽しめる環境を – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

ただ、MacにExcelを入れていないと、CSVファイルなどもNumbersのファイルが基本。
ファイルでのやりとりにもNumbersのファイル形式が前提になります。

 

たとえCSVファイルであってもNumbersのファイル形式である限り、Excelでそのまま開くことはできません。

 

そのNumbersのファイルをExcelで開くまでの方法を、MacとWindowsの場合それぞれでお話します。

 

MacでNumbersのファイルをExcelに変換する流れ

Macを使っている場合

Macを持っていて、Numbersのファイルを受け取った場合、まずはNumbersでファイルを開きましょう。

GOforIT

メニューから「ファイル」→「書き出す」→「Excel」を選び、
GOforIT

そのまま次へを選べば、ダウンロードできます。
GOforIT 4

Excelで開くことができました。

GOforIT 5

1行目にNumbersの表題がセルの結合がされていますが、行削除すればデータとしては問題なく利用できます。

 

Windowsのパソコンで変換するには?

 

NumbersのファイルをWindowsのパソコンで開こうとすると少し困ったことになります。
WindowsにはNumbersのソフトが入っていません。そりゃ当然に。

その場合、先程のような方法ではファイルを開くことはできません。

 

では、MacのNumbersのファイルを開くにはどうしたらいいか。

Googleスプレッドシートを使います。

まずは、Googleドライブにアクセスし、Googleスプレッドシートを開きましょう。

GOforIT 6

 

「ファイル」→「開く」をクリック、

GOforIT 7

 

画面からアップロードを選び、真ん中の青い「BROWSE」をクリック

GOforIT 8

 

すべてのファイルを選び、Numbersのファイルを選びましょう。

GOforIT 9

 

プレビューが表示されてアプリが選べるようになるので、このうち「Cloud Convert」を選び、

GOforIT 11

 

画面上部の「Cloud Convertで開く」をそのままクリックしましょう。

GOforIT 12

 

ユーザー登録の画面になりますが、無料なのでそのまま登録し、▼(コンバート先)をクリック、

GOforIT 13

 

Excelのファイル形式「XLSX」を選んで、

GOforIT 14

 

 

Googleドライブにファイルを残すのチェックを外し、Convertのボタンをクリックしましょう。チェックを外しておくとGoogleドライブではなく、任意の場所にダウンロードができます。

GOforIT

 

コンバートが終わるとダウンロードができます。

GOforIT 16

そのファイルをExcelで開くことができます。

GOforIT

 

ということで、NumbersのファイルをExcelで開く方法についてまとめてみました。
Macを使っている方は少ないので少数事例だとは思うのですが、データさえあればなんとかなります。

PDFファイルをExcelに変換するには、iLovePDFなどもあります。

 


【編集後記】
昨日は確定申告を中心に。Excelでマクロを書いてしくみづくりも。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
G空間情報センター