MacBook Pro(M1 Pro)を使う理由は欠点よりも譲れない1点。

IT

しごと道具を選ぶとき、デメリットがあればそれを気にしてしまいがちです。
ただ、何を選ぶにも欠点はあるもの。

メインPCのMacBook Proも譲れない1点で選んでいます。

メインPCはMacBook Pro14インチ

 

しごと道具を選ぶとき、じぶんにあうものを選びたいです。
その1つであるパソコンはMacを使い続けています。

 

画面がキレイですし、M1チップの性能を体感してしまった現在、他の選択肢は考えられません。

  • ファンの音がならない
  • バッテリーの持ち
  • iPad ProやiPhoneとの連携

というのも魅力です。

 

とはいえ、欠点がないかといえば、そうでもありません。

現在のメインPCはMacBook Pro 14インチ(M1Proチップ)。
サブのPCでMacBook Air(M1チップ)を使っています。

 

 

  • MacBook Airに比べると、ちょっと厚みがありますし、重さも値段もやや重い
  • 正直、M1 ProチップとM1チップに値段ほどの性能の差は感じられない
  • さらにディスプレイ真ん中のくぼみがあり、アイコンが表示されない部分がある

 

あらを探せば、こんな感じで出てきます。
改善してほしいことも、まぁあります。

 

それでも、気に入った1点がありMacBook ProをメインPCとして使っています。

 

Macbook Proを選ぶ理由

 

MacBook Pro 14インチを選ぶ理由。
あえて1点だけあげるとすれば、端子です。

 

MacBook ProにはSDカードスロットがあります。
デジカメからSDカードを取り出して、そのままMacにさせば写真を取り出せます。

MacBook Airでは、SDカードをさすために、別売りのハブが必要でそのハブを常にセットで用意する必要がありましたが、そのハブは必要なくなりました。

 

また、USB-Cケーブルをさせる端子が左に2つ、右に1つあります。
この右にも1つ端子があることで、セミナー中のトラブルから救われたこともあります。

たったこれだけ。でもこれが相当にラクなのです。

 

カメラでSDカードも使わず、オンラインセミナーもやらずに道具をそんなに接続しなくていいという方には、その魅力はつたわらないかもしれません。

それでも、デジカメで写真を撮る以上、SDカードをさせるというメリットはもはや手放すことができません。

 

日向小次郎のタイガーショットがゴールの1点でも見えれば、打てるのと同じように、しごと道具も1点でも突き抜けて気に入った機能があれば、使う理由にはなりえます。

 

欠点よりも魅力の1点買い

 

なにをするにも、何をつかうにも欠点はあるものです。

  • カメラはパソコンより重い(わたしのは軽いほうですけど)
  • MacではWindowsソフトが使えない

というように。

 

ただ、欠点を探しすぎると、じぶんが感じた魅力を体験しないままに手放すことになります。
それ以上にしごと道具として魅力があるなら、そのちょっとの欠点をなんとかする道を選ぶのも手です。

ということでその欠点をカバーしています。

MacBook Pro(1.6kg)もMacBook Air(1.29g)よりは重いのですが、言うほど重さを感じないものです。
慣れかもしれませんが、そんなものです。

最近、買ったアイテムも、口コミで欠点があるとわかっていたのですが、魅力と天秤にかけた結果、試してみたかったので欠点も込みで買っています。

 

欠点よりも譲れない魅力の1点でじぶんの道具を選ぶのも楽しるものです。
じぶんで買うならじぶんなりのこだわりを貫きましょう。

 


【編集後記】
昨日はお客さまと打合せ、そのあとは読書やとある研究を。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
メルカリ振込申請
minee3