MacbookAirとiPadProを使うメリットはAirDropでのファイル転送。

iPad Pro 11インチ(2020)

MacとiPadは一体化しつつあるといわれていますが、別モノだと考えています。

両方利用するメリットはあり、iPadなら画面を自由に動かせますし、Apple Pencilでのチェックもしやすいです。そして、MacからiPadにデータ転送するときにはAirDropを使っています。

MacとiPadの使い分け

MacとiPad Pro、できることは似ているようでそうではないかなと思っています。

たとえば、チェックするとき。

パソコンでは横の画面でしか見ることができません。

GOforIT

いっぽうで、iPad Proであれば、画面を縦にも横にもすることができます。

縦画面のほうが見やすいものもあります。Kindleもその1つです。

MacでKindleを見ることもできますが、わたしはやっていません。

さらに、仕事用の資料も、縦向きで作成されたものも多く、そのような資料をチェックするにはiPadで見るのが見やすいです。

ただ、検索のしやすさ、操作性ではMacBook Airのほうがしやすいと感じています。

そのため、MacBook Airでファイルをダウンロードし、iPad Proに転送するということがあります。

そのときに、AirDropを使っています。

AirdropでiPadへのデータ転送

AirDropを使うことで、Appleのデバイス同士でデータのやりとりができます。

  • iPhone
  • iPad
  • Mac

それぞれで相互にデータのやりとりができます。

以前、動画の転送も試したことがありますが、Dropboxへの転送よりも速いという印象です。

iPad Pro(2021)12.9インチとiPad Pro(2020)11インチの比較でわかったこと。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

複数のファイルを1度に選択して、↑のマークをクリックし、
GOforIT

AirDrop先を選んだり、
GOforIT 1

メニューからAirDropを選び、ドロップしてiPadに転送syることもできます。

指定したファイルは、複数あってもiPad側にまとめて転送され、
IMG 5B9091390B5A 1

ノートアプリNotabilityであれば、この時点で転送したファイルを1つずつのファイルにするか、1つにまとめるかを選ぶこともできます。
IMG 04AA5A381FAE 1

AirDropであれば、それぞれのデバイスが一定距離内にあれば、スムーズにデータ転送できるのがメリットです。

効率化の一歩は試すこと

パソコンとスマホ、タブレットと揃えようとすると、それなりのお金がかかります。

ただ、試すことで体験できることもありますし、仕事を効率化することもできます。

iPadがなければ、ペーパレスのしごとができなかったでしょうね。

そういう意味で、投資をしたもとはとれています。

独立後は、じぶんの好きな仕事道具を選ぶことができますし、じぶんなりのやり方を選ぶこともできます。

その一歩として、仕事道具を使っていろいろと試すことから始めてみましょう。


【編集後記】
昨日はお客さまと打合せ。決算後の今後の見通しなどを伺いました。対策も。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある手続き