iPad Pro(2021)12.9インチとiPad Pro(2020)11インチの比較でわかったこと。

iPad Pro 11インチ(2020)

iPad Pro(2021)12.9インチを買ってみました。

M1チップ搭載のiPad Pro。iPad Pro(2020)11インチと比較しつつ、使用感をまとめてみました。

iPad Pro(2021)の変更点

写真左はiPad Pro(2021)の12.9インチです。

これまで、

  • iPad Pro(2016)9.7インチ
  • iPad Pro(2018)11インチ
  • iPad Pro(2020)11インチ

と使ってきて、今回はじめて12.9インチを買ってみました。

今回のiPad Pro(2021)の特徴は大きく2つです。

1つはM1チップ。

MacでおなじみのM1チップが今回iPad Proに搭載されました。

MacBook Air(2020)で実際に大きな変化を感じています。そのM1チップが搭載されているというのは大きな変化です。

そして、もう1つはディスプレイ。まずこれまで利用していた11インチと12.9インチでは解像度が違います。

iPad Pro(2021)だと次のような違いがあります。

  • 12.9インチが解像度 2,732 x 2,048ピクセル、画素密度264ppi
  • 11インチは解像度 2,388 x 1,668ピクセル、画面密度264ppi

そして、12.9インチだけに搭載のLiquid Retina XDRというミニLEDディスプレイ。

ざっくりいうと最大の輝度が高くなり、よりはっきりと色が表示されるようになっています。具体的には、黒くなるべき部分がより黒く表現されるようになったというイメージです。

iPad Pro(2021)12.9インチとiPad Pro(2020)11インチの比較。

今回買ったiPad Pro(2021)と、これまで使っていたiPad Pro(2020)と実際にどのくらいの違いがあるのか。比較してみました。
DSC00711 2

雑誌

iPad Proは雑誌が読みやすいのがメリットの1つです。12.9インチならさらに読みやすくはなります。一画面でよりたくさんをながめることができるのも「大きい」のいいところです。

DSC00721

固定レイアウトの本を読みやすいのも、やはり12.9インチ。ただ11インチでも充分に読めるフォントサイズです。

写真で見ると、12.9インチのほうがより適した色で表現されていて、11インチの方は同じ色でも明るめになる感じです。Liquid Retina XDRの効果でしょうね。

ただ、すごく気になるほどの差かというとそうでもありません。

資料のチェック

資料のチェックのしやすさはどうか。大きい画面のほうがApple Pencilを使ってのチェックはしやすいでしょうね。

DSC00723

わたしはこれまでの11インチでもわりと大丈夫でしたし、大きな差は感じません。

動画の書き出し

Lumafusionを使って、1時間25分の動画を同時にファイルに書き出してみました。

LumaFusionレビュー Zoomでセミナーの動画編集はiPadでタッチ操作。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

DSC00697

Dropboxにファイル書き出し

書き出し、転送にかかった時間は、

  • iPad Pro(2021)12.9インチが31分25秒。
  • iPad Pro(2020)11インチは30分15秒

驚いたことに、2020年版のiPad Proの方が1分ほど速かったです。性能は確実に違うはずですが。

Airdropでファイル書き出し

Airdropで転送してみたら、

  • iPad Pro(2021)12.9インチだと14分40秒。
  • iPad Pro(2020)11インチは14分51秒

とiPad Pro(2021)の方がわずかに速かったです。

ネット調べだと、2021年版のほうが速いという結果ではありましたが、体感した限りほとんど差がないという印象です。

植村調べではありますが。

写真

写真でも比較してみました。これは違いが多少出たかなと。
DSC00724

この写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、iPad Pro(2020)12.9インチの方は、影になるべきところは影にちゃんとなっている印象。しっかり色が出ています。

iPad Pro(2020)11インチのほうが、全体的に、明るく表現されています。

ただ、肉眼で見ている限りはほとんどわからないレベルです。

まぁ、わたしの目が節穴という可能性もありますが。

iPad Pro(2021)12.9インチを買ってもいいケース

実際に使ってみた上で、iPad Pro(2021)12.9インチを買ってもいいケースを考えてみました。

  • 画面は大きいのが必須
  • 少しでも画像のキレイさにこだわりたい
  • 外に持ち歩かないで自宅で使うことが多い
  • Facetimeのカメラ自動追従を体験したい

という方なら、iPad Pro(2021)、かつ12.9インチを体験してみてもいいのではないかと思います。

いっぽうで、iPad Proに大きさより手軽さを求めたいというのなら、11インチ。iPad Pro(2020)でも大差はありません。

画面の大きさは便利ですが、持ち運びを想定すると、大きさと重さはやはりデメリットです。

わたしは、Kindleを読んだりすることもあり、iPad Proを持ち歩きます。

リュックにはiPad Pro11インチ専用の収納ポケットがあったのですが、残念ながら12.9インチだと入りませんでした…。

それはいいとして。使ってみての感想としては、MacBook Air2020(M1チップ)のようにM1搭載で大きな進化を感じたかといえばそうでもないかなと。

  • iPad Pro12.9インチ129,800円
  • iPad Pro11インチ94,080円

という値段もあり、前述したような必要性を感じなければ、買い替えなくてもいいかなというのが本音です。

iPad Pro 12.9インチも使ってみてわかったことです。結局、両方を試してみないとわかりません。

便利さと手軽さ、値段で11インチとの効果の差を考えると、やはり、わたしは11インチの1択という結論です。

大きさと手軽さどちらを好むかでしょうね。それぞれですから。

いずれにしても、iPad Proはすばらしく、欠かせません。その役割はパソコンとは違った位置づけになるものです。

  • Apple Pencilが使える
  • パソコンより持ち運びしやすい
  • Kindleや雑誌を読みやすい

わたしは仕事で使うのでiPad Proを選んでいますが、iPad Proでなくても、Apple Pencilは使えますし、32Gや64Gでもよければ、iPadでも充分です。

iPad Airは特におすすめで、容量(64GB)と音響の差があるくらいで、できることはiPad Pro11インチ(128GB)とさほど変わりません。Apple Pencilも第2世代ですし、7万円ほどで買えますし。

ということで、少し違った声があってもいいのかなと思い、書いてみました。

iPad Pro(2021)の購入を検討されている方の参考になればうれしいです。


【編集後記】
昨日は午後からセミナー開催、ご参加ありがとうございました。ただ、どういうわけか動画がうまく撮れていなくて凹みましたが。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
新セミナー開催
iPad Pro(2021)12.9インチ
センターフレーム