M2チップMacBook Air(2022)を買うなら知っておきたいこと。

MacBook Air(M2 2022)

M2チップのMacBook Airを新たに使っています。

M1との違いを見ながら、買うときに知っておきたいことをまとめてみました。

MacBook Airは「M1」から「M2」へ

 

2022年発売のMacBook Airの特徴は、Appleが独自に開発したのチップの進化。

 

過去、Intel版のCPUが搭載されていたMac。
2年前にM1チップが搭載されたMacが登場し、性能も飛躍的に上がりました。

 

にもかかわらず、パソコンの値段としてはこれまでにない安さ。
M1チップによりパソコンの進化を感じたところです。

 

そのM1チップがさらに進化してM2チップに。
2022年7月15日に登場したM2チップMacBook Airを買ってみました。

 

M1チップとの外見の比較です。右がM2チップのMacBook Air。

M1 MacBook AirM2 MacBook Air
30.41cm30.41cm
奥行き21.24cm21.5cm
高さ0.41〜1.61cm1.13cm
重さ1.29kg1.24kg

M2チップのMacBook Airを手にして、最初に感じたのはとにかく軽さ。
M1チップのMacBook Airとは0.05kgしか変わらないのですが、その0.05kgの軽さでもかなり軽さを感じます。

 

M1チップとM2チップのMacBook Air。
見た目で大きく変わったのは、Magsafe、

Magsafe3での充電ができるようになりました。
MacBook Proを使っていて、これがマグネット式で、充電が早く重宝しています。

ただ、USB-Cのケーブルがあれば、USB=C端子からも充電はできるので、両方使い分けでもいいかと。

 

M1チップのほうは厚みがだんだん薄くなるのに対して、M2チップのほうは均一の厚み。

これはM1ProのMacBook Proと同じスタイルです。

M1 MacBook AirM2 MacBook Air
画面サイズ13.3インチ13.6インチ
画面RetinaディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
最大輝度400ニト500ニト
解像度2,560 x 1,600ピクセル 2,560 x 1,664ピクセル

M2の画面サイズはベゼルレスになった分、13.6インチと画面が広くなりました。


ただ、真ん中がカメラの影響で真ん中だけノッチが出た状態です。しばらくはこれでいくんでしょうね。

F1などのファンクションキー、TouchID用センサーは、M1チップのMacBook Airとは違って、通常キーと同じサイズになっていますし、トラックパッドはひとまわり大きくなっています。

ただ、トラックパッドのサイズが大きくなっても、操作性はほとんど変わりないです。

 

バッテリーのもち時間はどちらもHPでは最大18時間。ここまで持たないにしても、もち時間には大差がないと考えてもいいでしょうね。
Macのデザインは、今持っているM1ProのMacbookProとほぼ同じです。

M1ProのMacBook Proとの比較については別の記事で書いてみようかと。

 

M2チップとM1チップの性能比較

M1チップのMacBook AirとM2チップのMacBook Air。

性能としてどのくらい違うのか、比較してみました。

今回使うMacBook Air、それぞれ次のような性能です。

 

M1チップ MacBook Air

  • CPU8コア
  • GPU7コア
  • メモリ 16GB(標準は8GB)
  • SSD 512GB(標準は256GB)

 

M2チップ MacBook Air

  • CPU8コア
  • GPU8コア
  • メモリ 16GB(標準は8GB)
  • SSD 512GB(標準は256GB)

 

 

処理速度の比較

 

ネット操作の速さを比較してみました。

どれもちょっとだけM2チップのほうが速いという結果になりましたが、正直なところ誤差の範囲かなと。

 

104分の動画をAdobeのPremiere Proで書き出して速さを比較してみました。

GOforIT 1

M1チップでは8分55秒、いっぽうで、M2チップのMacでは8分39秒。

こちらも誤差の範囲でしょう。

複数のアプリを使っているようなケースなど、もっと負荷をかけた処理ならともかく、すべてのアプリを閉じた状態でアプリ1つだけで処理する前提なら、処理能力にいうほど大きな差を感じませんでした。

 

M2チップ?M1チップ?MacBook Airの選択肢

 

M1チップとM2チップでいくら違うか。

一番安いケースとメモリ、SSDを増やしたケースで比べてみました。

M1 MacBook AirM2 MacBook Air差額
メモリ  8GB・SSD 256GB134,800円164,800円30,000円
メモリ16GB・SSD 512GB190,800円220,800円30,000円

 

M1チップとM2チップの差額はどちらも3万円。
M1チップは以前はもう少し安かったのですが、円安の影響で値上げがありました。
それはそれとして。この3万円をどう見るか。

 

Adobe製品を複数使用するなど、負荷の高いアプリケーションを使うなら、メモリ16GB・SSD 512GBの上乗せも選択肢として検討してもいいかもしれません。

 

ちまたではM2チップのMacBook Airはフラッシュメモリの個数の関係で、メモリ16GB・SSD 512GB以上が正解とはささやかれていますが、どのくらい負荷をかけるのかで判断も変わるかなと。

 

わたしはWindowsを使うので、毎回メモリ16GB・SSD 512GBを選んでいますが、そうでなければ56,000円上げる必要があるかどうか。

 

M1チップのMac(Macbook Air2020)でもストレージ 512GBを選び続ける理由。 Parallels DesktopでWindows環境。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

M1チップとM2チップの違いから、M2チップをおすすめする方はこんな方かなと。

  • とにかく軽いほうがいい
  • 処理速度が少しでも速いほうがいい
  • ファンクションキーやTouchIDのキーが大きいほうがいい
  • ディスプレイは明るいほうがいい
  • ベゼルレスがいい

 

いっぽうで、

  • 負荷の高い操作をしない
  • 新しさにこだわらない
  • 安いほうがいい
  • M2MacBook Airのノッチの出っ張りが気に入らない
  • M2チップの色がすきじゃない

 

というのであれば、M1チップのMacBook Airも選択肢でしょうね。

わたしは今からMacBook Airを買うという前提で、差額3万円なら、新しさと少しでも軽いM2チップのMacBook Airを選ぶかなーというところです。

参考にしていただければうれしいです。

 


【編集後記】
昨日は株価評価、法人の月次。終わってからは届いたMacBook Airの設定などを。子どもたちの学校も一区切りで明日から夏休みです。朝が騒がしくなりそうな予感も…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
M2チップMacBook Air
AppleID 家族アカウント