クラウド会計を使っているのに預金残高が合わない…の傾向と対策。

経理のコツ

経理をやるときにあわせたいのは預金残高です。預金残高があっていない数字は疑われてもしかたないわけです。

クラウド会計を使っていて、預金残高があわない場合のパターンについてお話します。

預金残高が合わない…の謎

クラウド会計というのは、データ連携ができるのが強みです。

デスクトップの会計ソフトでは、じぶんで預金の仕訳を入力していく。

その結果、残高が合っていないということも多く、その都度通帳やネットバンクの入出金の動きを見直したりで仕訳のモレを探すということが必要だったわけです。

で、クラウド会計の場合は、ネットバンクからデータが連携されるわけですから、残高があわないということは基本的にはないはずです。

にもかかわらず「合わない…」といったこともあります。わたしが仕事をさせていただいた中でもよくある話です。

その場合の原因と解決策をまとめてみました。

預金残高が合わない理由とは?

クラウド会計を使っているのに、預金残高がどうして合わないか?

次のようなことをチェックしてみましょう。

預金科目を使ってじぶんで入力している

クラウド会計ソフトの預金残高がネットバンクの残高とあっていないという場合、同じ日に同じ金額で預金が増減されていることがあります。

つまり、1つはネットバンクからデータ連携がされたもの、もう1つはじぶんで預金科目をつかって仕訳をしてしまっているというような場合です。

解決策としては、自動仕訳ルールを使ってみるのがおすすめです。預金口座やその摘要、金額などから仕訳パターンを判断するというものです。定期的に出てくるような取引についてはやっておきましょう。

GOforIT 11

手入力を減らしておくと残高が合いやすくなりますし、経理の負担も減らせるかと。

登録するべき取引を対象外にしている

データ連携をしているのに、残高があわない。

原因としては、連携されたデータを誤ってfreeeなら「無視する」、マネーフォワードなら「対象外」で処理してしまっているという状況がありえます。

「無視する」や「対象外」というのは、その名の通り会計のどこにも反映させないということを意味していますから、結果として「無視する」や「対象外」にした預金取引のデータは、経理データとからすっぽり抜けてしまうわけです。

無視と表示されている仕訳があったら、チェックです。処理を誤っていたなら、そのデータをクリックして「無視の取消」をし、

GOforIT 11

登録待ちの状態に戻して再度登録することができます。

GOforIT 14

資金移動で同じ取引が2つ登録されている

これはマネーフォワードの場合に多いのですが、データ連携させた2つの預金口座間で資金移動をしている場合、1つの取引なのに2つのデータがあるということになります。(freeeには口座振替というのがあります。)

どちらかを「対象外」とするという手もありますが、例外をつくらないためにどちらも登録。

そのために「複合」とか「資金移動」などのそれぞれのデータをつなぐような科目を用意しておくのもおすすめです。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

フリーランス・ひとり社長がクラウド会計を使うなら知っておきたい 自動仕訳パターンの考え方 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

クラウド会計の仕訳登録。MFの「対象外」freeeの「無視する」をクリックしてはいけない3つの理由 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

が、このあたりはちょっと難易度が高いので、記事を見て見てむずかしいと思ったら税理士に相談するのも手です。

電子証明書からのデータが連携できていない

預金によっては、電子証明書がないと連携されない口座もあります。

こういう口座は電子証明書を使って連携をしないとデータがクラウド会計に反映されません。

で、電子証明書が必要か不要かは銀行ごとに変わってきます。

ただ、おすすめは電子証明書がなくても、自動でデータ連携されるAPI連携の口座です。

たとえばわたしが現在使っている住信SBIネット銀行は毎朝自動で連携されています。

預金残高を日々チェックする

預金残高を合わせるというのは、経理をするなら必ず合わせたいところです。

預金残高もあっていない数字なんて「本当に正しいの?」と疑われてもしかたないわけです。

逆に預金残高があっていれば、仕事をするうえでいちばん大事な日々のお金の動きや「どうして増えたか?減ったか?」という流れも見えてきます。

これから先を考えるのにも、お金の動きや残高はチェックしておきたいところ。

お金がいくら残っているかで現在地がわかるともいえます。

これは仕事だけでなく、プライベートのお金についても同じです。

お金のチェックは、日々やっていきましょう。早く手を打つのにも必要ですし、間違いがあればすぐに気付けます。


【編集後記】
昨日の朝、見かけたのは長男(5)が書いたサンタさんの手紙。『「ハリーポッターのうの」か「きめつのやいばのエアホッケー」か「ポケモンクレーン」をください 〇〇より』と書いてあり、ポケモンのおもちゃのちらしを切り貼りしてアピールしていました。「サンタさん、もうちょっとしたら動いてくれるんじゃない?」と話しました。サンタさんもどれにするかは迷いどころでしょう。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
串カツ田中