「税金払いたくないから」と経費をたくさん使ったらどうなる? 仕事を続けるために知っておきたい3つのこと

フリーランス

「税金を払いたくないから、モノを買う」

よく聞く話ではありますが、これをやった結果、失うものも実は大きかったりします。

「税金を払いたくない!」とやりがちなこと

「税金を払いたくないから、何か買おうかなぁ」

こういう話はよく聞く話です。(少なくともこの仕事をしていれば過去になんども。)

「飲み会でパーッと使っちゃおう!」

「んじゃ、大きな買い物をしておこう!」

というのがその典型的な例です。

でも、飲み会をパーッとやったり、別に必要でないモノを買ったりと税金を払いたくないからと、経費をたくさん使っていると、実はその裏でとても大きなモノを失っているのです。

 

経費をパーッと使った末に待っている結末

ひとつ例をあげてみます。

左は「節税」と(勝手に)称して、パーッと300万円を経費で使ったというケース、右は「痛いけど、税金を払っておくわ」と追加の経費を使わなかったケースです。(税率は30%と仮定します)

経費をパーッと使ったケース 経費を使わなかったケース
利益 300万円 300万円
「節税」と称して使った追加の経費 300万円 0円
上記の差引利益 0円 300万円
税金(×30%) 0円 90万円
最終利益 0円 210万円

ということで。経費をパーッと使った方は利益がゼロになって、お望みのとおり税金もゼロに。

補足
厳密にいうと会社の場合は、赤字でも約7万円の税金がかかりますが、わかりやすくするために無視します。

 

一方で、右のパターン。追加の経費を使わず、痛みを感じながらも税金90万円を払いました。

 

ここで考えておきたいことが1つ。

それは「300万円の経費を使うのにも、お金が必要」だということです。

というわけで、少々ショートカット気味ではありますが、左のパターンは税金を減らすために実に300万円ものお金を使ったということに。

 

そして「最終利益=お金」と仮定すると、実は「経費を使わない方がお金が残る」というまさかの結果になるのです。

仕事を続けるために押さえておきたい3つのこと

「税金を払いたいか?」、「払いたくないか?」でいうと私も払いたくないというのが正直なところ。

でも、将来の回収も見込めず、「とにかく税金を減らしたい」、それだけで経費を使ってしまうと、結果的にお金を減らすということにもなってしまいます。

 

そんなわけで私も払うべき税金があるなら、キッチリ払っています。(めちゃめちゃ痛いですけど…)

 

そして、この「利益」。お金以外にも影響する場面があります。

例えば、お金を借りたいとき。

利益が出ていないとなれば、お金を借りたくても、銀行は「本当に返せるんかいな??」とその返済財源に首を傾げます。

融資条件にも影響しますし、借りれるはずのお金を借りられないなんてことも。

「借入金を何年で返せるのか?」「毎年いくら返すのか?」 借りた後にこそチェックする

2018年4月9日

さらに、事業の免許更新などがあれば、財務面も当然チェックされ、そこでもやっぱり利益、返済能力といったものが見られます。

 

というわけで、

「税金をある程度払わないと、お金は貯まらない」

「利益が出ていないとお金を借りられない」

「税金の痛みは毎年感じていくもの」

という3つの考え方を知っておいていただければ。

利益がでればお金が増える・・・とは限らない どうして動きが違うのか

2017年1月7日

お金を貯めるためには「決算月」をいつにするかも大事 事業年度の変更もできる

2016年9月10日

目的なく、ただ税金を減らしたいという目的で経費を使えば、お金は減るばかりです。

節税したいのか?お金を残したいのか?  行き過ぎた節税をしたフリーランスが失うもの

2017年12月27日

節税もしたいけど・・・気にしておきたいお金のこと 出口のこと

2017年1月30日

 


【編集後記】
昨日は午前中にブログを書いてから、午後に食材などを買いに外出。正月なのに思っていたより空いてました。ショッピングモールに行くのに川沿いの道を行くと近道だということを発見。ちょっとしたことですけど、こんなことが結構嬉しかったりします。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とんきち 豚丼
梅蘭 担々麺


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク