Apple Pencilはどこへ行くのか? 価値の感じ方は人それぞれだから面白い 

iPad Pro

価値の感じ方は人それぞれです。

だからこそ、価値のあう方と仕事をすることが大事です。

iPad Proをわずか1年半で買い替え

先日、iPad Proを11インチを買いました。

iPad Pro(2018)11インチとiPad Pro(2016)9.7インチとの比較

2018年12月2日

仕事などで使うということなら、これまでの9.7インチ iPad Proでも問題なくできていました。

それなりに値段もしますし、買ってからわずか1年半です。

買い替える必要もないという判断もあるでしょう。

ただ、店に行って実機を触ってみて、今よりも仕事の環境はよくなると感じたので買い替えました。

特にApple Pencilの充電方法がマグネット式になり、iPad Pro自体の接続端子がこれまでのLightningからUSB-Cに変わったことで充電が早くなり、使い勝手はかなりよくなりました。

買うことをためらっていた自分を、スカイラブハリケーンでどこかに飛ばしたい気分です。

 

結果、行き先がなくなったApple Pencil

そのiPad Proを買い替えたことで、これまで使っていた9.7インチiPad Proを下取りしてもらいました。

買ったときの値段と下取りの値段にそれほど差がなかったのは予想外のラッキーでした。

フリーランスが経費にしたiPad Pro9.7インチを下取りしてもらったら収入にする

2018年12月4日

1年半の利用料と考えるとかなりお得でした。

ところが、一緒に下取りに出したApple Pencilに「値段がつきません。」と残念な通告が…。

1万円の高級えんぴつなんですけどね。

サッカーの契約更改でゼロ通知を受けたようなものです。

そこで移籍先を探すことになりました。

そして先日、メルカリ経由で移籍先が決まりました。

メルカリで個人取引をかんたんに やってみたければ最初に本を売ってみるのがいい

2018年10月21日

ちなみに移籍金は8,000円ちょっと。(ペンシルカバー付きで)

かたやゼロで価値なしだったのが、別のところでは、定価よりちょい安いくらいの価値があったという面白い体験でした。

価値の感じ方は人それぞれ

価値というのは、人それぞれです。

私はiPadにすごくときめくわけですが、そうでない人もいますし、Macが好きですが、それほど惹かれないという人もいらっしゃるわけです。

自分のサービスにも置き換えてみると、このブログでは、自分を出すようにしていますし、サービスやセミナーでも考え方は同じです。

 

ITに投資するかどうかの決め手はときめきがあるか?と新しい体験ができるか?

2018年12月11日

自分自身のサービスや発信が、興味を持っていただいた誰かのお役に立てればいいというスタンスです。

でも、自分をどこかで出さないと誰にも伝わりません。

そのための手段として、ネットの世界で自分を出してみるというのは、おすすめです。

そして、仕事をするなら、価値を感じていただける方、価値観が同じ方としたいものです。


【編集後記】
昨日はオフ。部屋を整理しました。年末ということもあり、古い本なんかは思い切って捨てたものも。在庫一掃したあとは外出して買い物などを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
うちの食堂 ららぽーと名古屋みなとアルクス店


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。