ITに投資するかどうかの決め手はときめきがあるか?と新しい体験ができるか?

IT

スポンサードリンク




ITにお金を使うときは、ときめきがあるか、新しい体験ができるのかということを重視しています。

ITにはお金を使いたい

独立してから、ITには目を向けるようになりました。

特にブログを始めてからというものの、毎年IT関連に投資をするようにしています。

最近では、ざっと次のような感じです。(仕事用でないものもありますが)

  • 2016年 iPhone7
  • 2017年 MacBookPro、iPadPro9.7インチ、BENQのプロジェクター。
  • 2018年 iPhoneXS、iPad Pro11インチ、Amazon Echo、Echo Spot、Google Home Mini

と言ったところです。

ITへの投資が必要だと感じ、独立して2年目のタイミングで固定費の使い方を見直ししました。

電話やFAX、事務所、税務ソフトといったものへの支出を無くしたり、減らしたりして、ITにお金を使うようにシフトチェンジしました。

ITにお金を使っていくことで仕事のやり方も大きく変わると感じたからです。

実際にITを触ってみないと、ITにも強くなれません。

ときめきがあるかどうか?

そして買うときに重視しているのが、「ときめきがあるかどうか?」。

MacBook Proにしても、iPad Proにしても、最初に買うときはときめきとかワクワク感しかなく。

でも、今使っているMacBook Proは2016ですが、ここ数年大きな変更がなく、ときめきなし。

で、スルーしています。

そして、最近、新しくWindowsPCを買ってみようかと、気持ちが一瞬動きましたが、現状では「ときめき」メーターが振り切れず、これもスルーとなりました。

そして、改めてMac好きなことを実感。

またいい出会いがあれば…。

一方で最近ワクワクしたのはiPad Pro11インチ。

Apple Pencilの充電がもっとラクになればなぁ、と思っていたところに、あの充電にはかなりときめきました。

もっと使いやすくなるならと、投資してみたところ、これが使ってみると想定していた以上に快適で、以前の9.7インチよりも使いやすくなりました。

やっぱり使ってみないとわからないものです。

IT投資にはお金がかかるもの

こういったIT投資をするとヒットも多いですが、確かにそればかりというわけでもありません。

iPad Pro11インチの場合、残念なのは、カメラ。

ポートレートモードがあるのですが、なぜか内側(自分の顔を撮る)にしか対応していません。

謎です…。ナルシスト対応?鏡?

まぁ、ポートレートはiPhoneXSで使えるので問題ないのですが。

iPhone7→iPhoneXSへ機種変更した場合のデータ移行するときの注意点【自分でやるパターン】

2018年9月30日

iPhone7からiPhoneXSへ カメラ性能(ポートレートモード)・Face IDを選んでホームボタンなしという選択

2018年9月24日

それでもITツール1つで、仕事のやり方が大きく変わるといったこともあります。

お金はかかるのですが、仕事がやりやすくなり、新しい体験で楽しめるなら必要投資でしょう。

効率化する、新しい体験をするという点でも、ITへの投資をしてみるのはおすすめです。

iPad Pro(2018)11インチとiPad Pro(2016)9.7インチとの比較

2018年12月2日

余談ですが、こういう体験もあります。

変なホテル 浜松町店


【編集後記】
昨日は午後からお客様を訪問。そのあとはブログなど。セミナー会場のオーナーから建物の塗装工事をするから変更して欲しいという依頼があり、どうなるかと思いましたがなんとか大丈夫そうです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
お客様にとあるコンサル


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク