新幹線で「Shinkansen Free Wi-Fi」を使うという選択 N700A・N700系に乗ればネット環境はよくなる

IT

スポンサードリンク




先日、東京に行った際に新幹線の無料Wi-Fiを使ってみました。

これまでの新幹線のネット環境は?

新幹線で東京へ行くのに、1時間30分。

じっとしているのが苦手な私でもというのは、意外にすぐです。

ただ、1時間30分という時間があれば、できることは色々あります。

私の場合は、本を読んだり、PCを触ったりといったこと。

新幹線内のPC環境はというと、電源は付いているものの、Wi-Fiを使うには事前にdocomo Wi-FiやNTTフレッツスポット、BBモバイルポイント、UQ-Wi-Fi、HOTSPOTとの事前の契約が必要でした。

そのため、私にとってはWi-Fiは実質ないと同じ。

ネットを使いたいときは、テザリングしていました。

東海道・山陽・九州新幹線の無料Wi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」

2018年の7月、新幹線内でのネット環境が変わりました。

東京~新大阪~博多~鹿児島中央駅間で利用できる無料Wi-Fiが使えるようになっています。


「Shinkansen Free Wi-Fi」というサービスです。

ただ、まだすべての車両でというわけではなく、N700系を中心に使えるようになっています。

今日現在では、どの電車で使えるかはHPで前日発表されています。もっと早いといいのですが。

補足
2020年3月までに全列車で Free Wi-Fiの利用ができる予定とのこと。

ちなみに私の場合は、東京行きの車両では使えましたが、名古屋帰りの車両では使えず。

接続は?

ネットワークでSSID「Shinkansen_Free_Wi-Fi」を見つけて接続します。

そのあと、メール登録もしくはSNS認証をすることですぐに使えるようになりました。

利用するのは無料で、私が使った12月3日だと、通信速度も特に遅いとは感じませんでしたが、利用人数などによっては遅くなることもあるようです。

ただ、30分に1回つなぎ直しをしないといけないので、そこがちょっとメンドーなのですが、そのときはテザリングで対応します。

場所を選ばない仕事

独立して大きく変わったのは、やる仕事は税理士業だけではなくなったということ。

  • 税理士
  • セミナー
  • コンサルティング
  • ブログ

といったところを中心に仕事のタネをまいています。

そして、同じように仕事をする場所も1つに決めていません。

机の上だけでなく、カフェや図書館、コワーキングスペースといったところでも仕事をするようになっています。

そして新幹線でも環境は整いつつあります。

90分という時間があれば、できることは色々あります。

ブログを書くこともできますし、メールをチェックすることも。

スキマ時間を使うというなら、こういったサービスを試して、自分にあうなら使ってみるのはおすすめです。

東京へ出張したときのスキマ仕事を実現する「駅ナカ×シェアオフィス STATION BOOTH」は選択肢になり得るか?

2018年12月5日

新幹線の改札をスマホで通る『スマートEX』 改札で止められないためにやっておきたいこと

2018年12月3日

【編集後記】
昨日はお客様訪問。お客様と食事をご一緒したあとに蒲郡のみかんをいただきました。すごく甘くて美味しかったです。でもほとんどは我が家3人の胃の中に入りそうな感じです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
蒲郡JAのみかん
招福 みぞれヒレカツ定食


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク