M2チップMacBook Air(2022)とM1ProチップMacBook Pro(2021)のどちらを選べばいい?

MacBook Air(M2 2022)

M2チップのMacBook Airが発売されましたが、すでに出ているM1Proチップとの違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

今使っているM2チップのMacBook Air(2022)とM1ProチップのMacBook Pro(2021)との違いを比較してみました。

今買うならM1かM2かM1Proチップか

 

Appleが開発した独自のチップ。M1チップ。パソコンに内蔵されたチップです。

それまでのintelのものに比べると、性能は大きく向上しています。ファンの音は一切聞くことがなくなりました。

ただ、今回M1チップを改良したM2チップの登場により、位置づけがあやふやになったことも事実です。

というのも、そもそもM1チップの上位チップとしてM1 Proチップ、M1 Maxチップという2つのチップがあったからです。

 

執筆日現在ではこのような内容。

M1M2M1ProM1 Max
MacBook Air
MacBook Pro

 

M1 ProチップやM1 Maxチップを搭載しているのは、よりプロ仕様になったMacBook Proのみ。MacBook Airにはないチップです。

それだけに買うときに迷うこともあるかもしれません。

MacBook Airを選ぶとすれば、M2チップかM1チップかという比較は、先日記事にしました。

M2チップMacBook Air(2022)を買うなら知っておきたいこと。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

MacBook Airを買うのにM2チップを選ぶか、M1チップを選ぶかの参考にしていただければ。

 

また、M1チップのMacBook AirとM1 ProチップのMacBook Proも以前に記事にしています。

M1ProチップMacBook ProとM1チップMacBook Airの比較。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

なお、M2チップのMacBook Proも発売されていますが、後述するM1ProのMacBook Proとは見た目も中身もかなり違います。

M1ProチップのMacBook Pro(2021)は気に入って買いましたが、M2チップのMacbook Pro(2022)はこれといった特徴がなくいらんかな、というのが本音です。

 

今回は、先日買ったM2チップのMacBook Air(2022)と、これまで使ってきたM1ProチップのMacBookPro(2021)について比較しつつまとめてました。

 

 

 

M2チップMacBook AirとM1ProチップMacBook Pro(2021)との比較

 

今回、比較したのは、M2チップのMacBook Air(2022)とM1ProチップのMacBook Pro(2021)です。

見た目での比較

 

M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro
30.41cm31.26cm
奥行き21.5cm22.12cm
高さ1.13cm1.55cm
重さ1.24kg1.6kg

 

M2チップのMacBook Airは、M1ProチップのMacBook Pro(2021)の見た目を引き継いでいます。

ただ、サイズは違います。MacBook AirはMacBook Proに比べて、幅は0.85cm、

DSC07027

奥行きは0.62cm小さくなっています。サイズが一回り小さいのがM2チップのMacBook Airです。

DSC07028

厚さはどうか。手前がM2チップのMacBook Air、奥がM1ProのMacBook Pro。

DSC06992

厚さの差は0.42cm。M1ProのMacBook Proのディスプレイ部分がない厚さがM2チップのMacBook Airです。

DSC06993

M2チップの魅力の薄さがこの写真からもわかります。

DSC06990

今までM1チップのMacBook Proを持ち歩いていても、重さは気になりませんでした。
でも、M2チップのMacBook Airを持ったら、軽すぎてM1ProチップのMacBook Proの重さを感じるようになりました。

持ち運びの軽さで選びたいなら、やはりM2チップのMacBook Airでしょうね。

 

ディスプレイの比較

 

次はディスプレイで比較してみました。それぞれ次のような違いがあります。

M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro
画面サイズ13.6インチ14インチ
画面Liquid RetinaディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイ
最大輝度500ニト1,000ニト
解像度 2,560 x 1,664ピクセル3,024 x 1,964ピクセル

 

M1ProのMacBook Proの画面サイズは14インチ。これがわたしがMacBook Proを選んだ1つの理由でもありました。

DSC06994

ただ、MacBook Airも進化して、M1チップのMacBook Airよりもベゼルを小さくし、ディスプレイのサイズを13.6インチにしています。

並べてみると、ノッチはM1Proチップのほうがわずかに狭いですが、デザインはほぼ同じです。

 

端子の比較

M2チップのMacBook Airも今回からMagSafeがつき、どちらもUSB-C×2で同じです。M1ProチップのMacBook Proには、イヤホンジャックがついています。

右側から見たところ。M2チップのMacBook Airのイヤホンジャックは右側にあります。

いっぽうで、M1ProチップのMacBook Proの右側にあるのは、SDカードスロットとHDMIケーブル、さらにUSB-Cの端子がもう1つ(左側の2つと合わせて3つ)です。

M1ProチップのMacBook Proの魅力は、接続端子の多さです。このようにSDカードやHDMIケーブルを直接差し込めます。

IMG 0897

同じことをMacBook Airでやろうとすると、別途このようなハブが必要になります。

M1ProチップMacBook Proのユーザーになってみるとわかるのですが、このハブなしでカメラのデータをSDカードから直接取り込めたり、HDMIケーブルを直接Macにさせるのはラクです。

 

 

USB-C端子が全部で3つあるのも、オンラインも含めると使える場面もありますので、M1ProのMacBook Proも重宝しています。

 

キーボード

 

こちらがM2チップのMacBook Air。

同じくM1ProチップのMacBook Pro。キーボードやトラックパッドの構成はまったく同じです。

DSC06989

 

性能面

 

それぞれのCPUやGPUの性能は次のようなものです。

M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro
CPU8コア8コア
GPU8コア14コア

大きな違いはGPU。画像処理はMacBook Proのほうが上です。

また、反応の速さはどうか。それぞれ購入時にすぐ計測したものです。

それぞれの比較は下記でも記事にしています。

M1ProチップMacBook ProとM1チップMacBook Airの比較。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

M2チップMacBook Air(2022)を買うなら知っておきたいこと。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

M1Proチップを購入したときは、その速さに感動したものです。ただ、速さにどこまでこだわるかですね。

何を重視するか?

これまでの内容を踏まえて。

最後にM2チップのMacBook AirとM1ProチップMacBook Proの値段を見てみます。

M2 MacBook AirM1Pro MacBook Pro差額
メモリ  8GB・SSD 256GB164,800円
メモリ16GB・SSD 512GB220,800円274,800円54,000円

私がM1ProチップのMacBook Proを買ったときの値段がちょうど今回のM2チップのMacBook Airの値段くらいです。

円安で値上げされたことで割高になったイメージは否定できません。差額54,000円をどう考えるかです。

M1ProチップのMacBook Proを選ぶとしたら、

  • 画像がよりきれいなほうがいい
  • 端子が多いほうがいい
  • パワーがあったほうがいい
  • 複数の処理をしたい

といった方でしょうか。

端子が多いというのは確かにかなりのメリットなのですが、差額54,000円と端子の多さによる実用性のどちらを選ぶか。

ハブを使えばいいやというなら、MacBook Airでいいかと。

 

わたしは今も使っていてM1ProチップのMacBook Proのよさを感じていますし、今後もオンラインで使うときは端子の多いM1ProチップのMacBook Proを使うでしょうね。

マイクやカメラをつないだり、HDMIケーブルを刺したりというのがあるので。もうハブを使えないですし。

 

ただ、そういう理由でなければM2チップのMacBook Air。性能は高いです。

その性能もさることながら、軽さがM2チップのMacBook Airの最大の魅力。

 

外出するときに持ち歩きたいなら、M2チップ(もしくはM1チップ)のMacBook Airを買ったほうがいいでしょうね。

ということで、参考にしていただければ。

 

 


【編集後記】
昨日は相続の打合せ。ヤマダ電機から1通のメール。PS5がついに当選しました。FIFA22を早速購入。コントローラー1つしかなく別売りとは…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
PS5当選メール
サントリー 伊右衛門 新茶入り