ピボットテーブルで月ごとに集計できない場合の解決策。

Excel

ピボットテーブルを使って上手く集計できないということもあります。

月ごとに集計できない理由の一例を挙げてみました。

ピボットテーブルでうまく集計できない

Excelでデータを集計したい場合には、ピボットテーブルを使うと便利です。

集計したいデータをテーブルに変換し、

GOforIT

Alt→N→V→Enterの順番でキーをタッチすると、
GOforIT

ピボットテーブルの画面に切り替わります。

GOforIT

あとは、集計したい項目を行や列の項目として設定し、集計したい値の項目を設定すると完了です。

GOforIT

わたしはクイックアクセスツールバーを使って、Alt+1でピボットテーブルの画面に切り替わるようにしています。

Excel超入門 クイックアクセスツールバーで自分好みのショートカットキーをおいてみよう | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

とはいえ、うまく集計できないこともあります。

たとえば、セルの結合をしたり、不要な空白セル、余計なデータがあるとうまくいかないことがあります。

範囲指定をすればいいのでしょうが、手間もあり、1つのシートには利用するデータだけを表示させるのがおすすめです。

弥生会計のデータが月ごとに集計できない件

データを月ごとに集計したいのに、なぜか集計できないという場合もあります。

GOforITピボットテーブルの項目には「取引日」とあるのに、です。

正しいはずなのに…と思うかもしれません。ただそういう場合には、何かが正しくないと思ったほうがいいです。

「取引日」という項目があっても、これはテーブルの項目が表示されているに過ぎず、日付として認識されているわけではありません。

たとえば、弥生会計の日付データ。パッと見ると日付のようですが、これは日付データではありません。「R.03」と「.」が入っていることで文字列として扱われています。

GOforIT 3

なぜ、このような日付形式にするのかは疑問ですが、このデータだと月ごとに集計はできません。

日付表示の実態は数字。以前、記事にしています。

Excelの日付表示。XLOOKUPでエラーになる理由・月末や月初を表示する関数。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

ということで。まずは、Ctrl+Hで、「.」をなくすように置換えてみると、

GOforIT 4

「R.03」が「R03」になり、文字列から日付として認識されるようになります。
GOforIT 5

さらに西暦表示にするには、Ctrl+Shift+3をタッチします。

データとしては、これでひとまず修正できました。Alt+F5でピボットテーブルをを更新してみましょう。

もし、ピボットテーブルで月ごとに集計されない場合には、ピボットテーブル分析のタブからグループの選択をクリックし、

GOforIT 8

月を選んでみましょう。

GOforIT 9

これで、月ごとに集計できるようになります。

GOforIT 10

Excel超入門 ピボットテーブルで好みの並び方にできない場合の対処方法 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

正しくやっているのにはまやかし

Excelを使っていて、エラーになることはよくあります。

VLOOKUPやXLOOKUPで思っていたようなデータが抽出できなかったり、

Excelの日付表示。XLOOKUPでエラーになる理由・月末や月初を表示する関数。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

どこがエラーかわからないこともあります。

ただ、そういう場合でも、Excelを疑う前にじぶんを疑ってネットで調べてみると解決します。

Excelでうまくいかないときには、どこかに必ず理由がありますので。

効率化には欠かせないExcel。上手く使っていきましょう。


【編集後記】
昨日はオフ。午後からドライブしつつ刈谷交通公園に。ゴーカートやバイキングに乗ったりと楽しめました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スタバ ストロベリー フラペチーノ(チョコチップ)
スタバ 大同病院前