手元のお金を増やして安心するために3つの手を打ってみる

お金を借りる

新型コロナウィルス感染症が前提となった今、何かあったときのためにも手元のお金を増やしておくことは欠かせません。

どんな方法があるか?についてお話をしていきます。

もしものときのためにもお金は必要

仕事を続けていく上で、お金のことは切っても切り離せません。

利益がどれだけ出ていても、お金がなければ仕事を続けることができません。

いっぽうで赤字だとしてもお金があれば、ひとまずは仕事を続けることができるわけです。

想定していなかった新型コロナウィルス感染症の影響で、より「もしものとき」というのを考える必要が出てきました。

そのために手元のお金を増やしておくというのは、最優先でやっておきたいことです。

手元のお金を増やすには?

じゃあお金を増やすにはどんな方法があるのか?

たとえば、次のようなものがあります。

利益を出す

1つはやはり利益を出すことです。

利益が出れば、そのときは税金を払うことになりますが、ただ、税金を払っておけば、税金を精算したあとのお金は手元に残ります。

だから、税金を払いたくないからお金をパーッと使うなんてことをやっていると、税金は減ってもお金はなくなってしまうわけです。

「税金を払わないとお金が増えていかない」と割り切るために確認しておきたいこと | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

節税したいのか?お金を残したいのか?  行き過ぎた節税をしたフリーランスが失うもの | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

お金を借りる

銀行からお金を借りるという方法もあります。

無借金経営ができればいうことはありませんが、なかなかむずかしいところです。

何か想定外のことがあったときに、手元のお金だけしか準備できないというのでは心もとない。不安。

だから、いざというときのためにお金を借りておくというのは手です。

手元のお金があれば、眠れない夜を過ごす可能性も限りなく減らせます。

かくいうわたしも独立後にお金を借りて手元のお金を増やしたひとりです。

その後、すぐに車を買ったり、事務所を借りて敷金を払ったりで借りたお金はかなり減って焦りましたが、借りたおかげで仕事を続けることができています。

独立するときにやっておいてよかった 人生初の借金 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

手元のお金だけなら、なかなかお金を使えなかったでしょうから、車も買えないし仕事にもならなかったようにも思います。

資産を売る

仕事に使っている資産を売るという手もあります。

最初は使うと思って買った資産でも、ずっと使っているとは限りません。

途中で方向転換などがあったりで、現在は使わなくなったという資産があるのではないでしょうか。

現在持っている資産を見直してみて、使っていない資産があるなら、それを手放すことも考えてみましょう。売ってお金に変えれば手元のお金は増やせます。

損が出るかも知れませんが、値上がりする可能性がなく、今後も使わないならだんだんとお金に変えにくくなります。

ブームの去った商品在庫も、仕事に使わなくなった車も。

ちょっと値下げしてでも、お金に変えるために手放すというのも手です。

お金の動きはチェックしておこう

お金が手元にないというのは、不安です。

だから、手元のお金を増やしておいて安心を買っておきたいところ。

そのためには、お金の動きをチェックして、将来の資金繰りもチェックしておく。現状だとどこまでお金がもつか?というのをざっくりでも確認してみましょう。

通帳残高だけ見続けて「あれ?お金がない…。」とならないように、その前にお金を増やしておけるよう早め早めに手を打つ必要があります。

そこで数字です。通帳残高からも残高はわかりますが、どうして増えているのか?どうして減ったのか?という原因をしっておくには経理をして数字を見ないことにはわからないでしょう。

利益が出ているのに、お金がないということもよくある話で、利益がでてもあれこれとお金を使っていれば、お金がなくなるわけですからそのバランスは見ておきたいものです。

キャッシュフロー計算書というのがありますが、むずかしいのでこうしたものでざっくりとつかんでおくだけでも違いますので、一度お金の動きを確認してみてはどうでしょうか。

損益計算書だけを見ててもお金のことはわからない 貸借対照表や「ざっくり」キャッシュ・フロー計算書を見てみよう! | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog


【編集後記】
昨日は午後から同族株式入門セミナー。懇親会の終わりにはちょっと癒やされる場面も。動画を売っていてもあえて参加いただけるというのはありがたいものです。いろいろ課題も見つかったので、対策していこうかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ZoomでiPadから懇親会参加