iPad Proで雑誌の気になった記事にサッとメモする方法 スクリーンショットからPDFファイルを作成する流れ

iPad Pro

iPad Proを情報収集のアイテムとしても使っています。

iPadを使っている方、これから使うかもという方向けに、スクリーンショットを使ってメモをしたり、ファイル保存する流れについてお話します。

iPad Proの使いみち

iPad Proをよく使っています。

  • Apple Pencilで資料のチェック
  • Feedlyでブログを読む
  • Googleフォトで写真を見る

には、iPad Proを使っています。写真は子どもたちと一緒に見たりすることも。

あとは、読書です。

iPad ProでKindleの書籍を読んだりしますし、楽天マガジンでは雑誌を。日々ざっと見て気になる内容があれば、目を通すという感じです。

iPad Pro、現在使っているのは11インチ。

私にとっては、このサイズ感がベストです。持ち運ぶにも重いと感じないちょうどいいところであり、Kindleや雑誌を読むとしても、まぁいいかなと。

雑誌などに気になるネタがあれば、メモして保存するということもやっています。iPad Proの場合、具体的には、スクリーンショットをサッと撮って、そこにApple Pencilでメモしたり、ファイルにしたりしています。

iPad Proのスクリーンショット

ネタとして、とっておきたいものがあれば、スクリーンショットをとって、その画面にApple Pencilで書き込みをします。

スクリーンショットをする方法

iPad Proで操作する場合には、このように画面上のボタンと側面の上のボタンとを同時に押すと、スクリーンショットがとれますし、

Apple Pencilでスクリーンショットをとる場合は、画面の左下から右上に向かってApple Pencilでスワイプさせるとスクリーンショットの画面になります。

そのままペンなどを使ってメモすることができます。

メモしたところで、そのまま写真として保存します。

スクリーンショットがとれれば、雑誌以外でも同じようなことはできます。

メモしたスクリーンショットをサッとまとめてPDFファイル保存

メモしたスクリーンショットをまとめて、PDFにすることもできます。

先程保存したスクリーンショットは、写真アプリに入っているはずです。

写真アプリで、右上の「選択」ボタンを押してから、まとめたいファイルをすべて選んでおきます。選択は、指でなぞるか、Apple Pencilでなぞれば選択できます。 

エクスポートのボタンをタップし、

抽出先としてプリントを選んで、

少し待つと、ぼわーっとイメージ画面が表示されますので、そのタイミングで、画面を外側に向けてピンチアウト(指を広げる)すると、

PDFファイルとしてまとめることができます。このあとファイルをDropboxやApplebookなど、必要に応じて保存することもできます。

Applebookでは、このように並列で画面表示させることもできます。

Macの場合には、プレビューでPDF結合ができます。

Macの「プレビュー」が便利すぎる件 画像もPDFも らくらく編集できる | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

もし、メモの方法の1つとして、ご興味があればためしてみていただければ。


【編集後記】
昨日の午前中は、子どもたちとうどんづくりを自宅で体験。うどん粉をまぜたあと、袋に入った粉を足で踏みます。そこは活躍できました。あとは子どもたちの独壇場で。できあがったうどんは、ちょっときしめんのような太い麺でかなり固めな感じでしたが、個人的には固めが好きなのでよかったかなと。こどもたちは残していましたけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
自宅で粉からうどんづくり