ひとりしごとの環境は感情からつくるもの

独立

独立した以上は、仕事の環境はじぶんのこだわりをいれておきたいものです。

仕事環境は「つくってもらう」から「つくる」へ

勤務していると、仕事の環境を提供してもらえます。

たとえば、机、椅子にPCそれと仕事をする場所などです。

お金を払わなくても、こうした環境をつくってもらえるのはありがたいのですが、その代わりにじぶんの好みで選ぶことはできません。

お客さまのところにPCをもっていって仕事をすることもありましたが、PCはかなり重かったですし、動きが遅くなっても「変えてほしい」とはなかなか言えず、そのまま使っていたこともありました。

今にして思えば、仕事の効率化を考えれば「PCが遅くなってきてしまって…」と言ってもよかったのかもしれませんが、やっぱり気を遣います。

また、仕事中にFM AICHIをバックにかけながら仕事するというルールがあった環境もありました。

今、ちょっとした音があってもそれほど気にならないのは、この時期の影響があるかもしれませんが。

こうした仕事の環境について、用意してもらっている側なので、ほぼ受け入れることになります。仕事環境をつくってもらっている以上は仕方ありません。

ただ、独立すると、この環境はお金をつかってじぶんでつくることになります。しごと環境に何を使うか、どこまでお金をかけるかもじぶん次第です。

「じぶんならでは」の環境をつくっていく

独立したあとは、じぶんでお金をだして環境を準備する必要があります。

その代わりにどんな環境で仕事をするか?を選ぶことができます。

「仕事にMac使えませんかね」

「iPadを使いましょうよ」

「椅子をバランスボールにするのはどうです?」

「デュアルディスプレイにしません?」

といっても反対する人はいません。じぶんで提案して、「よし買おう」とじぶんで決断するだけです。買うお金も1人分で足ります。

現在の仕事の環境はこんな感じです。

  • MacBook Air2020
  • iPad Pro2020
  • Apple Pencil
  • AirPods Pro
  • Google Home Mini
  • AmazonEcho
  • BenQ モニター・ディスプレイ31インチ
  • 机(無印良品)
  • ジェリーフィッシュチェア
  • Yeti

最初は勤務時代の延長でしたが、1つずつ買い揃えていきました。途中で買って現在は変えているものもありますが。

独立後だからこそつくることができた環境です。

「ジェリーフィッシュチェア」レビュー 使ってみてわかった5つのメリット | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Macを使いたい、Apple Watchで自動ロック解除にしたい、iPad ProとApple Pencilでペーパレスにしたいと言ってもなかなか受け入れてもらえないでしょう。

仕事中にAirPodsProでノイズキャンセリングしていたら、おこられるんでしょうね。

仕事の環境は感情からつくるもの

感情が仕事環境に影響する部分も大きく、そもそもきっかけは「使いたい」という感情で始まっています。

テンション高く仕事したいものです。

また、しばらくするとその環境も変えることが必要になりますが、そのタイミングもじぶんでコントロールできるものです。

今回、MacBook Airに買い換えたことで。

  • キー操作がしやすくなった
  • 画面に汚れがつきにくくなった
  • トラックバッドが使いやすい
  • PCの動きがよくなった

といったようなことで、それまで動きが遅くなったりしたことで感じていたストレスがなくなりますから、仕事にもいい影響があるものです。

デスクトップにアイコンを置かないのも、スッキリした環境でしごとをしたいというのが大きいです。

スクリーンショット 2020 06 16 19 38 39

画面いっぱいにアイコンがあると、目がチカチカするので。同様に実際の机にもペン類や書類などは置いていません。

 

どこに持ち運びしても、同じようにしごとができるようにというのも、仕事の環境として持っておきたい要素です。まぁ、最近はそれを活かしきれていませんが。

せっかく独立したら、じぶんの気に入った環境をそろえていきたいものです。

仕事の効率を考えても、投資する価値はあるものです。そして、会いたくなったらすぐに子どもたちに会えるという環境もいいものです。


【編集後記】
数日前から長男(5)のふとんを新しいものに。ふとんの感触が気に入ったようで「〇〇ちゃん、あのふとん、きもちよくてすぐにころっといっちゃうんだよねー」とのこと。気に入ってもらえてよかったです。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある手続きをUiPathでプログラミング