「iPhone11 Proではどんな写真が撮れる?」いろいろ試してみた!

iPhone

iPhone11 Pro、その最大の魅力はカメラです。

使ってみて、これまで以上にカメラの要素がより強くなったと感じています。

そのiPhone11 Proのカメラで、できることをまとめてみました。

写真を撮るようになったワケ

過去、それほど写真を撮ってこなかったのですが、この数年で写真を撮ることが本当に多くなりました。

このブログを書くようになったことが理由です。

ブログには、文字の情報だけでなく、じぶんで撮影した写真も入れるようにしています。

毎日更新しているので、写真もそれだけ必要になり、行った先で何か気になるものがあれば、写真を撮るようにしています。

そうして写真を撮るうちに、写真の魅力も少しずつ感じてきました。

カメラにそれほど詳しくなくても、いろんな機能を使って、いい写真を撮って写真を身近なものにしてくれるのも、スマホのいいところです。

今回、カメラの性能がアップするということで、iPhone11 Proに機種変更してみました。

後述するポートレートモードが進化していたのも理由の1つです。

iPhone11Proのカメラでできること

iPhone11 Proのカメラには、3つのレンズがあります。

52mm望遠レンズ、26mm標準(広角)、そして13mm超広角レンズです。

そして、iPhone11 Proの超広角カメラは、これまでよりも広い範囲を撮れるものです。

3つのレンズでどんな写真が撮れるか?比べてみました。

まずは望遠レンズ(52mm)で、
IMG 1223

次に標準(広角)レンズ(26mm)、
IMG 1224

最後は超広角レンズ(13mm)、
IMG 1225

微調整をすることもできます。1Xの部分をタップして、左にスワイプすると、調整できます。
IMG 1228

最大で10×までです。素人目には5でも充分な気がしますが、カメラ上級者の方だと欲しいのもしれません。
IMG 1229

夜景も撮ってみました。
IMG 1129

ポートレートモード×広角

iPhoneXSだと、ポートレートで撮影するとなると、ズームしないと撮れなくて、手前に人やモノがくる感じでの写真。

さらに撮るのに、後ろに下がったり…位置をなんどもずらしたりということも必要でした。

IMG 0665

山登りに行く妻を見送る子どもたち

IMG 1024

iPhone11Proでは、ポートレート機能で撮影するときには、ズームと等倍の2パターンで撮影ができるようになっています。

どちらも同じ位置から撮影したものです。下がったり、前に行ったりということはやらなくて大丈夫になりました。

スクリーンショット 2019 09 21 13 44 00

広角レンズの登場で、これまで見えなかった部分まで映せるようになって、全体的な雰囲気も伝わってより楽しめます。

スクリーンショット 2019 09 21 14 16 09

カメラを本格的にやっているという方でなくても、いい感じの写真が撮れますし、写真の楽しさも味わえます。

iPhone11 Pro、これまで以上にカメラの要素が強くなった印象です。

iPhone11シリーズへの買い換えを検討されている方には、参考にしていただければ。


【編集後記】
昨日は朝から栄のAppleへ。iPhone11 Proを入手し、Appleで設定まで。そのあとはブログを。iPhone11 Proの端子はlightningでイマイチなのですが、電源側がUSB-C端子になっているので、充電もこれまでより早いかと。ただ、ケーブルは変わらず持ち運ぶ必要はありますけど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
iPhone11 Pro
磯丸水産 栄3丁目店
スローフィー撮影
iPhoneダークモード
ios13
watchOS 6
ノイズ
Watchで指書き入力