フリーランスなら考えておきたい節税とやってはいけない脱税・節税

フリーランス

スポンサードリンク




税金は払うべきものですが、いくら払うかを考えることも必要だと考えています。

ただ、やっていいものといけないものがあり、その見極めは大事です。

仕事を続けたければ税金を払うという仕組み

事業を続けるのであれば、税金を払っていく必要があります。

世の中、上手くできているもので、税金を払わないとお金がたまらないようになっています。

その税金の計算のもとになるのが利益(所得)。

この利益を減らそうと経費を増やした場合、利益が減り、税金も減るわけですが、経費を増やしたことで、それ以上にお金が出て行ってます。

むしろ、税金を払っていた方がお金が残るじゃん、なんてこともあるわけです。

お金を貯めるには、税金を払う必要があるというのは、そういうことです。

ただ、だからと言って税金のことを何も考えない、というのはちょっと違います。

税金を払うにはお金の準備も必要です。

「いくら払うか?」というのをチェックしておかないと、他のことに使ってしまって、資金繰りがピンチなんてことも想定できます。

なので、「いくらくらい払うか?」というのをチェックしつつ、払う税金をコントロールするという考え方も必要だと考えています。

やっていいコントロールは節税、やってはいけないコントロールは脱税です。

脱税はやってはいけないコントロール

やってはいけないコントロール、脱税。

こんなパターンは脱税だ
  • 「利益を減らしたいから売上を抜いて、無かったことにする」
  • 「ありもしない経費を増やす」
  • 「1,000万円を超えそうだから一部の売上をなかったことにする」(翌々年から消費税課税に)

いわゆる粉飾ってやつです。

税金を払いたくないという気持ちはあっても、これは絶対にやってはいけないやつです。

補足
消費税は売上が1,000万円を超えた翌々年から払うことになります。ただし、2023年からちょっと消費税の仕組みが変わる予定です。

 

これを1回やってしまうと、もう抜け出せなくなります。

 

  • 「領収書に数字を加える」
  • 「レシートがあれば、とにかく経費処理する」

 

ということをやってしまっては、事業の本来の利益がいくらなのか?はまったくわからなくなります。

どこかで税務調査があれば、かなりの確率でバレます。

なので、

  • 売上はモレなく計上する
  • 仕事に関係あるものしか経費にしない

といったじぶんの軸をしっかり磨いておくべきです。

フリーランスや会社の経理の悩みのタネ「経費になるか?ならないか?」 その判断基準は自分自身にある | GO for IT

ちなみに。私は脱税意識のある方とは、仕事をしないようにしています。

節税はお金とのバランスから考える

逆に節税となるものは、検討してみる価値はあるでしょう。

ただし、節税をするなら余裕資金の範囲内でやるべきです。

まず、節税といわれるもののうち、追加でお金の払いを必要としないものは、やっておきます。

 

追加の支払いがない節税
  • 1月以降に支払った12月分までの経費をモレなく未払金で計上する
  • 所得拡大促進税制などの税額控除
  • 確定申告に適用できる所得控除をもらさない
  • 青色申告にして65万円控除を受ける

 

その次にお金の支払いはあるものの、将来につながる節税を検討してみましょう。

 

支払いが必要な節税
  • 小規模企業共済に加入する
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する
  • 経営セーフティ共済(解約したときどうするかは事前に考えておく)
  • 仕事を手伝っている妻に給料を払う(事前に届出することが必要)

フリーランスの年金 足りないところは自分で準備 付加年金・国民年金基金・iDeCo・小規模企業共済 | GO for IT 

 

ただ、お金とのバランスは大事で、税金を払いたくないからという理由だけで、欲しくもないものを買っても、てもとにお金が残らないという事実だけが残ります。

 

補足
青色申告ならモノを買った場合、30万円未満であれば、全額経費にすることができます。(年300万円まで)青色申告決算書の「減価償却費の計算」の摘要に「措法28の2」と記載することが必要です。

ということで、「本当に欲しいものなのかどうか?」は、よく考える必要があります。

本当に欲しければ、買って、結果として節税もありですが、本当に欲しいと思えなければ、「節税になるから」という理由だけで買うべきではないでしょう。

MacBook Pro(2019)と揺れる私 その結末は?

では、これを先週、発売されたMacBook Proの新型と揺れる私の心情を例に考えてみます。

「次出たら買うかも。」と思っていたMacBook Pro。

発売されたと知ったときは、かなり興奮しましたが、よくよく調べるとそれほど変更がないことがわかりました。

・CPUの性能アップ
・バタフライキーボードの性能アップ(音が静か)
・13インチは、ほぼ2017年モデルのまま(最新型15インチのみでTouch Barあり→いらない)

結果として、今回はスルーしました。

買うと、少しだけ節税になるものの、約24万円のお金が出て行くので、税金を払ったほうがいいかなという判断です。

スクリーンショット 2019 05 29 16 02 32

一方で以前に買ったiPad Proは、10万円を超えるお金が出て行っても、その必要性を感じて買っています。

iPad Pro(2018年版)にあってMacやiPhoneXSにない使いやすさ | GO for IT

次のMacBook Proに期待することにします。

税金、確かに痛いんですけど、仕事も続けたいなら税金を払い続けることは覚悟です。

もちろん、ごまかしもなしです。


【編集後記】
昨日は法人の月次処理の後、外出。セルフカフェに入ってみました。無人でドリンクを買えばスペースを使えます。千種区にもあるようです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
セルフカフェ


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク