Amazon Echo SpotとAlexaアプリでコミニュケーション メッセージ・ビデオ通話・呼びかけ

Amazon Echo

スポンサードリンク




先日、Echo Spotのコミュニケーション機能が使えるようになったので早速使ってみました。

色々試してみて、可能性も感じましたのでレビューしてみます。

Echo Spotで聞く・見る・触る

Echo Spotを使って1ヶ月が経ちました。

使ってみるとやっぱり画面があるというのは、予想以上に快適です。

これまでの声だけにプラスして、画面をタッチする、画面を見るというのは、声だけに比べるとできることも楽しみも増えました。

Amazon Echo Spotレビュー 音も映像も楽しめるAIスピーカー

2018.07.27

子どもたちも「Alexa、〇〇の曲かけて」なんてのはしょっちゅう。

この前は、画面に定期的に表示される情報を見ていたようで、Echo Spotに話かけて、突然「豆しば」スキルを起動させていたのにはびっくりしました。

こんな感じで。今やこどもたちにも普通になりつつあります。

 

そのEcho Spot、発売当初にはなかった機能がいくつかあり、後日予定となっていたものがありました。

それが今回新たにコミュニケーション機能として使えるようになったので、レビューしてみます。

コミュニケーション機能でできることレビュー

先日、追加になったのはコミュニケーション機能といわれるもの。

使えるのは次のEchoシリーズです。

  1. Echo Spot
  2. Amazon Echo
  3. Echo Plus
  4. Echo Dot
  5. Amazon Alexa(スマホやiPadにインストールできるアプリ)
Amazon Alexa
Amazon Alexa (無料)
(2018.09.08時点)
posted with ポチレバ

と、つまり全部です。それぞれ相互にもサービス利用することができます。

では、どんなことができるのか?

さっそく。とその前に、まずはAlexaアプリを使って、コミュニケーション機能を使える状態にしておきましょう。

下の左から2番目のアイコンを使えるようにします。さほど難しくありません。

色々やってみて私の場合には、家族での連絡に使うという想定です。

ひとまず、今回はEcho SpotとiPhoneのAlexaアプリを使ってやってみました。

使えるようになった機能は、アイコンで言うと次の4つです。

Alexaメッセージ

音声メッセージの送受信が可能です。

例えば、外出先からスマホのAlexaアプリ経由で「〇〇にメッセージ送って」と伝えてメッセージを送ると、Echo Spot側ではこういう感じでメッセージを受信します。

と同時に声でも届いたことを教えてくれます。

うえむら たけしさんからメッセージが届きました」って。

ふりがなを「うえむら ごう」と入れてるのに、この後毎回間違えられるとい憂き目にあうことに…。

 

送信するときには音声だけでなく、入力することもできますが、ここは音声入力にこだわりましょう。

 

あとは、もしその場にいなかったらどうするの?という疑問も。

その点は大丈夫です。Echo Spotの画面にメールのマークが出ているので、それでわかります。

「Alexa、メッセージ聞きたい」と伝えれば、メッセージを聞くことができます。

Alexaコール(ビデオ通話はEcho SpotとAlexaアプリのみ)

音声とTV通話があります。

音声、私は使わないかな。でも、子どもの顔をみたくてビデオ通話は今後も使ってみたいかもです。

ちなみに。ここでもAlexaから「うえむら たけしさんから…」と伝えられることに。(ふりがな入力している意味あるんかいな。)

 

Echoシリーズだと、スマホのように手で持たなくてもいいので、子どもが話すときには楽かなと。

呼びかけ(Echo SpotとAlexaアプリのみ)

この呼びかけというのは、自宅用の機能です。

補足
初期設定ではオフになっているので、オンにする必要があります。

 

自宅の中でなら、こういった感じでビデオ通話のように使えます。

この「呼びかけ」、ビデオ通話とよく似ているのですが、前述のAlexaコールと違うのは、応答を必要としないことです。

「〇〇を呼びかけして」と話すか、アプリならここをクリックしても大丈夫です。

画面が切り替わり、まずは真っ暗な画面のまま。

数秒後、Echo Spotの置いてある部屋の音が聞こえて来ます。

そのあと、ぼんやりしていた映像がだんだんとハッキリしてきます。「あ、我が家の中が…」

そうなんです。この機能では、外出時にも遠隔でEcho Spotのカメラを使って、自宅の様子を確認できるわけです。

いない間に部屋でくつろいでとっておいたデザートを食べてるヤツがいないかチェック

なんだか潜入しているような感じにも…。

向こうに誰かいるか、いないだけでずいぶんと印象が違うものです。

まぁ、そもそも自分の家ですから。慣れも必要ですね。

Echo Spotに未来を見た

コミュニケーション機能。使ってみると結構便利です。特に可能性を感じたのは「呼びかけ」です。

使ってみて、世の中に結構使えるところあるんだろうなぁと感じています。

 

何に使えそう?
  • 旅行中に誰かいないかチェック
  • ペット飼っている
  • おひとりさま
  • 飲食店

 

といったところにもこのEcho Spotは相性よさそうです。

 

何ができるのかは実際に触ってみないとわからず、今回の「呼びかけ」は新しい発見でした。

そんなわけで、我が家の防犯カメラにもなりつつあるEcho Spotです。

 

こうなると今買うなら、Echo Spotでしょうね。画面があると楽しめ度合いが結構大きい。

そう感じた次第です。

GoogleHomeも持っていますが、私が持っているのはmini。比べながら使ってみるのも楽しめます。

Google HomeとEvernote(IFTTT連携)を使って声でメモをとってみた

2018.06.23

Google Home Miniが我が家にやってきた もったいないと考えるか?新しい体験を選ぶか?

2018.06.17

そしてEcho Spot、新機能の公開記念ということで、平成30年の9月9日、23:59まで 3,000円オフ。Amazon Echoと同じ値段で売っています。

マジっすか…。


【編集後記】
今回はEcho Spotの記事でした。私が使っていると、最初は何だかよくわかっていなかった子供たちも妻も使い出しました。(もっぱら音楽中心ですが)そんなわけでAmazon Music Unlimitedも契約しています。これもTSUTAYAでレンタルすることを考えると元は取れていますし、さらに声をかけて音楽を聴くという体験もできます。こんな体験もあり、生活の中でもいろんなことが普通になりつつあります。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Pixelmator Pro


スポンサードリンク