経理のスピードを上げるには 目指すべきはざっくり・毎月同額で

経理のコツ

スポンサードリンク




月次決算を早くするためのポイントは、木ではなく、森をみるということです。

自分の経理は毎日チェックです。概算の仕訳も入力して年末の予測もしてます。

正確性よりもざっくりでいいので、月初のうちに自分の経理の状況を知りたいものです。

月次決算を翌月の早いうちにチェックする

事業をしている以上、経理はやらなければいけないこと。

経理をやらないと自分の仕事が順調なのか、そうでないのか?お金はいくらあるのか、など大枠を把握することができません。

仮に節税したいと思っても、毎月の経理がしっかりできていなければ、いい判断は期待できないでしょう。

経理が手間だと思う人ほど、毎日経理をすることをおすすめしたいです。

毎日やることで、経理にかける時間も分散され、結果的に一番楽になるからです。

かくいう私も手間がかかるのは苦手です。

経理をためると、あとあと面倒ですし、私も経理をしないと自分の現在の状況もわかりません。

だからこそ毎朝、自分の経理をして、毎日数字を眺めるようにしています。

今年の確定申告もざっくりとは把握できている状況です。

年間で考えるとそれなりのボリュームになるのですが、毎月、毎日経理をやっていけば負担感はそんなにないはずです。

月次決算のスピードをあげるには2つのことを目指しましょう。

それが「ざっくり」と「毎月同額」の2つです。

木ではなく森を見るようにざっくりと

何でもそうですが、完璧をめざすといつまでたっても終わりません。

ざっと8割程度の経理ができているならオッケーでしょう。

税金を計算するならともかく、判断をするために数字を見る、数字を使って考えるということであれば、1円単位まで要求されません。

私の場合であれば、ETCのデータは連携されるまでにある程度時間がかかります。

金額が大きくなければ、前月と同額などで考慮してもいいし、仮に入れなくても現状の把握をするなら足ります。

大きな費用は毎月同額にする

経費の中には、年間で見ると影響の大きいものがあります。

例えばこういったものです。

  • 減価償却費
  • 年払いの保険料
  • 年払いの地代家賃
  • 賞与
  • 賞与分の社会保険料

どれもいきなり期末付近にドーンと経費計上されたら、それまで利益が出ていると思ったら赤字だったみたいな…。

それまでの月次決算は何だったのかという話になります。

そうならないように、年間の金額がわかっているならば毎月に1/12ずつ費用計上するなどしておくべきです。

使える月次決算にするために インパクトのある費用は毎月に平準化して計上しよう

2016.07.27

税理士がいるなら税金の概算も立てておくこともおすすめです。

これをやっていない個人事業主や会社が意外と多いです。

月次の小さな金額にこだわるより、こういった費用を毎月に平準化するようにしましょう。

そうすれば月次決算の精度は格段に上がりますよ。

月次決算の品質を向上させるための5つのポイント その先に見えるもの

2017.08.21

あとは経理処理を減らすなら、現金取引をできるだけ減らすことです。

「その現金残高って正しいの?」 面倒な現金管理のストレスから逃れる2つの方法

2017.11.10

【編集後記】
昨日は法人の決算、午後からお客様訪問。amazonで夕方に到着するはずの荷物が到着せず。追跡で調べたら、どこでどうまちがったか、知多市の方にいって大府郵便局止まりに。郵便局に取りに行き何とか当日受け取れました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
BenQ プロジェクター MW632ST
プロジェクターでamazonプライム動画


スポンサードリンク