経理をじぶんでやってみればわかること。

独立

「利益がどのくらいでているか」
「現状がわからなくて不安」

という声をいただくことがあります。
独立したからには、じぶんで経理をやってみることをおすすめしています。

じぶんで経理をやってみるとわかることがあります。その点についてお話しします。

経理はじぶんでできる

 

「いまの状況が通帳でしかわからない」
「どのくらい税金を払うのかわからなくて不安…」

といった声を耳にすることがあります。

経理を税理士にお願いしているというケースは多いでしょう。
丸投げしてやってくれればラクでしょうが(うちはやっていません)、そのデメリットもあります。

 

それはじぶんの現在地がわからないことです。

「今、利益がでているのか」
「もうかっているようで実は赤字なのかも。」
「税金をいくら払うことになるのか?お金は足りるのか?」

といったことは、ざっくりでも常にわかっていたほうがいいでしょう。

 

ただ、他人に経理をお願いしていると、待ちの状態になります。
現在地を知りたくても、わかるのは相手次第です。

 

そうした悩みを解消するには、じぶんで経理をやってみることです。
わたしもじぶんの経理はじぶんでやっていますし、お客さまも同様に経理をやっていただいています。

 

今回は、経理をじぶんでやってみたいけど、できるかどうか不安という方に向けて、何が変わるのか
3つ挙げてみました。

 

経理をやればわかる3つのこと

経理をじぶんでやってみると、次のようなことがわかってきます。

じぶんでできる

経理という言葉を聞くと、「敷居が高い…」などと思われるかもしれません。

確かにカンタンではないのですが、じぶんの経理に限ってならできます。

 

・取引パターンが決まっている
・イチから入力しなくてもいい
・取引数がすごく多いわけでもない

現状の取引パターンがどれだけあるか。
いろいろな取引があって複雑だというケースは少ないでしょう。

 

実はシンプルな取引パターンになっていることが多いです。
取引のパターンがある程度決まっていれば、経理のやり方はわかってきます。

 

また、イチから入力をしないといけないというわけでもありません。

ネットバンクやクレジットカード、請求書、給与などデータ連携できる取引もありますし、入力が必要ならExcelに入力してインポートするといったこともできます。

 

この経理をじぶんでやることの本質は、経理をしたあとの実績を見て、「これからどうする?」の判断材料にすることです。

 

銀行にお金を借りるときにも、見通しを語ったり、数字の資料は必要とされるわけですが、経理をやっていればその対策もしやすいものです。

 

ある程度のトレーニングは必要ですが、経理はじぶんでできることです。

 

税金を払ってもつぶれない

 

じぶんで経理をやったあと、1ヶ月分の数字をチェックしてみましょう。

利益が出ているか、お金がいくらあるかといったこともわかるようになりますし、お金がどのくらい持ちそうかというのも少しずつわかってきます。

 

その後、決算や確定申告で税金を払うことになるわけですが、税金を払えばお金は減ります。
確かにイタイです。

 

でも、税金を払っても、利益以上にお金が減ることはありません。
たとえば税率が30%とすれば、70%はお金として残るわけです。

じぶんで経理をやっていると税金を払うときの痛みも感じますが、同時にお金が減らないことも実感できます。

 

見えない不安がなくなる

 

じぶんで経理をやっていると、見えない不安との戦いがなくなります。
経理を丸投げしていると、現状は真っ暗な洞窟といったところでしょう。

その結果、

「黒字か赤字かわからない」
「今、お金がどのくらいあるかわからない」
「税金をいくら払うかわからない」
「どこでお金を借りればいいかわからない」

といった不安が大きくなります。

 

結果として、いくらでもお金があるものだと勘違いしたり、税金でお金がなくなるといった発想から、「節税のために」と、必要ない経費をつかってお金をムダに減らしてしまうといったことにもなります。

真っ暗な洞窟ですから、そりゃ不安になります。

 

でも、じぶんで経理をやっていれば、日々、現状を確認できるようにもなります。
真っ暗な洞窟でも、じぶんの足元とその先も見えるようになります。

 

と、前述したような見えない不安との戦いを終わらせることができるわけです。

 

独立後、何かしら不安はつきものですが、現状がわかれば減らせる不安はなくしておきましょう。
その点でも、じぶんで経理をやって見る価値はあります。

 

一度身につければ一生モノ

 

経理と聞くと、

なんだかむずかしそうだ
わかるわけない

と思われるかもしれませんが、お伝えしたようにじぶんの経理であれば、できるものです。

 

トレーニングは必要ですが、一度身につければ視界は広がりますし、その効果は一生続くものです。
これまで丸投げしていたという方でも、2023年からはぜひ、じぶんで経理に挑戦してみていただければ。

丸投げは受けていませんが、経理のやり方を教えるコンサルティングは承っています。

 


【編集後記】
昨日は確定申告をすすめて、オンラインセミナーに参加。長男(7)は学校で放課中にサッカーをやっているらしくそのときのシーンを風呂に入りながら語ってくれました。楽しそうでやりたくなります。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
NumbersのExcelへの変換