独立後は攻めも守りもじぶんでやらなきゃいけない。

クラウド会計

独立すれば自由です。ただ、それなりに負荷もかかります。
独立後ならではの必須種目もあるからです。

組織に合うかどうかはそれぞれ

 

独立すれば自由になるとは言われます。

ただ、独立が万人にあっているとも思いません。
あうかどうかは人それぞれです。

 

組織で働いてこそじぶんを活かせるという方もいれば、その逆に組織が合わないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

わたしは後者です。

 

組織もそれなりに経験してきました。
大学を卒業して新卒で会社に就職。

7年半後に退職することに。その後も会計事務所に2つ勤務した末にようやく気づきました。
組織で働くことがじぶんにあっていないんだということに。

 

  • 帰りたくても周りの人を気にしてしまう
  • 望まない仕事が降ってくる
  • 気の休まらない有給

 

組織というチームである以上、ルールは必要ですし、カンタンになくせないものもあります。

  • みんな揃って繁忙期
  • 朝の通勤ラッシュ
  • 苦手な人との付き合い

 

当たり前のことだと思われるかもしれません。
でも、その耐性がない人もいるわけです。えぇ、わたしも含めて。

 

そんな会社のルールに合わせることができなくても、独立という道があります。
独立への不安も確かにあったのですが。それ以上に将来への希望も可能性も感じたのです。

 

それから7年半。ときには凹むこともありましたが、独立した現在を楽しんでいます。

 

攻めも守りもじぶんでやる

 

独立すれば自由です。

  • どんな仕事をするか
  • 誰と仕事をするか

じぶんで選ぶことができます。

 

上司に有給の許可をとらなくてもいいですし、平日に仕事をしその合間に読書をし、プライベート予定をこなすことも自由です。

 

仕事をこなして、食べていければいいわけです。
それでも、ラクじゃありません。

 

会社にいれば、誰かがやってくれたことも、ひとりを選べばすべてをじぶんでやることになります。(外注するのは考慮外)

 

サッカーで言えば、攻めも守りもどっちもやらないといけません。

どんなサッカーをするか、その作戦もじぶんで決めることになります。

 

どっちも独立するまでにやったことがない種目ですし、カンタンではないわけです。
でも、独立すればどちらも大事なことです。

 

売上もすぐに増やせるわけでもありませんし、お金の使い方も勉強が必要。

守備はお金の管理。
お金がないと仕事を続けることができなくなります。

管理といっても、お金を貯めておけばいいわけでもなく。
使わなすぎてもいけません。

 

  • 仕事道具を揃える
  • セミナーに参加する
  • 本を買う
  • ソフトを買う

 

と何かしら経費を使う、投資するといったことも必要でしょう。

 

だからこそ、お金がいくらあるか、どこにお金を使うか。
お金がいくらあるかをつぶさにチェックしておきたいわけです。

 

仕事のお金だけでなく、プライベートのお金も含めて全体を見る必要があります。
そうしたことも独立後しかできないことです。

フリーランスのお金の管理術(MoneyFoward ME) 個人・ひとり税理士もひとり会社もまとめて管理  – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

 

ただ、攻めも守りもできないことではありません。
独立を楽しみながら、少しずつ上手くなっていけばいいわけです。

 

守りを固めるには?

 

サッカーでいうところの、攻めと守りをひとりでやることになる独立。

 

攻めばかりでも守りがガラガラなら勝てません。
いっぽうで、攻めなく、守備ばかりでも点が入りません。

 

とはいえ、攻めることは考えていても、意外とディフェンスがガラ空きなことも多いです。

守備をするには、日々お金に触れることです。

 

もっとも、お金に触れるといっても、現金を触るわけではありません。
お金で日々チェックできるようにしておくわけです。

 

その守備のスキルを磨くには、経理をじぶんでやってみることです。

日々やってみると、お金がいくらあるかもわかりますし、見えない不安を和らげることができます。

 

経理を他人に任せるという手もあるのですが、他人に任せたことですぐにチェックできない場合もあります。

やってくれる方は他の方からも経理のしごとを受けている可能性がありますので。

 

そうなるとお金がいくらあるかを見たいとき、じぶんの知りたいタイミングでわかりません。
タクトは他人に握られたまま、順番待ちになる可能性が高いです。

 

逆にお金がいくらあるか日々わかるようにしておけば、

  • 仕事を選ぶことができる
  • 見えない不安をやわらげることができる
  • 必要なタイミングでお金を使える

といったことにつながります。

 

経理をじぶんでやるといっても、やり方は工夫できます。
守りを固めることもはじめてみましょう。

 

わたしは資料を預かって経理することは受けていませんが、じぶんでやってみたいという方の相談には、個別コンサルティングで承っています。

 


【編集後記】
昨日はオフ。夕方に長男(7)のサッカースパイクを買いにショップへ。今まで履いていたadidasのスパイクだと、足がいたくなるようで。いろいろ履いてみてしっくりきたのがasicsのスパイク。好きなブランドより履き心地を優先。道具の使い心地にもこだわっているようです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
スポーツカムイ
横綱 辛味噌ラーメン