Windowsのパソコンを使わずMacを選んでいる理由。

MacBook Air(M2 2022)

パソコンにはMacとWindowsがあります。
Windowsがないと仕事にならないというケースもありますが、Macだけでできることも多いです。

わたしがWindowsのパソコンをつかっていない理由を挙げてみました。

Windowsがないと仕事にならない

現在つかっているパソコンは、2台のMacです。

・M2 MacBook Air
・M1Pro Macbook Pro

2台もっていてどちらもMac。

2台のうち1台をメインで使い、もう1台をスペアとしてという使い方もありますが、今は両方つかっています。

  • MacbookProのほうはデスクトップのようにデスクで使う用。
  • MacBook Airは、持ち運び向け。家でも使っています。

 

そうしてパソコン2台つかっていても、Windowsのパソコンは持っていません。

Windowsが必要な場面、Windowsでないとできない仕事もあります。

  • 税務ソフト
  • RPA
  • Excel(マクロ)
  • e-taxソフト
  • eLTAXソフト

などはWindowsがないと仕事になりません。

MacにもExcelはあるのですが、操作性は圧倒的にWindows版のExcelに軍配が上がります。
それでもMacを使う理由を挙げてみました。

 

Windowsのパソコンをつかっていない理由

 

Windowsのパソコンをつかっていない理由を挙げてみました。

MacでWindowsを使えるから

 

Windowsを使うのはMacでできることです。その逆はできません。
Parallels Desktopという仮想環境を載せることで、MacのパソコンでWindowsを操作することができるのです。

同様に、Windowsでしか使えないソフトもMacで使えます。

現状は、ということになりますが、MacでWindowsで操作できる限り、WindowsはMacで使えばいいかなと。

欲しいWindowsのパソコンがないから

 

Windowsのパソコンに気に入ったものがあれば、買うという選択肢もあるのですが、現状は欲しいパソコンが見当たりません。

Mac自体には大きな魅力があります。

  • トラックパッドが使いやすい
  • 画面がキレイ
  • キーボードが打ちやすい
  • 処理速度が速い

これらの面でMacより魅力あるWindowsのパソコンがあれば検討の価値はありますが、今のところはMac1択です。

 

少数派だから

 

Macは少数派だけに、ソフトでも利用できないものがあるのは前述したとおりです。
M1チップMacの場合には、アプリが対応していないなど、さらに敷居が上がります。

それでも少数派であること自体が魅力です。
最近は、Macをつかっている方も見かけるようになりましたが、それでも少数派。

 

また下取りに出すときにも、高い値で売ることができるのもMacの強みです。
円安の影響で値上げはあったものの、買い替えがしやすいわけです。

 

好きな道具でないと仕事にならない

 

Macを選んでいる理由をいろいろ挙げてみましたが、結局は好きだということにつきます。
AirDropでiPadにデータを転送できますし、Macのプレビューが秀逸なのです。

 

それぞれに好みはあるのですが、大事なのはじぶんの気に入った道具を使うこと。
MacならWindowsとMacの両方を使えますし、気分転換にもなり、1台でWindowsのExcelとMacのExcelを使えるといった体験もでき、おすすめです。

これからMacをつかってみたいという方に参考になれば。

 


【編集後記】
昨日はオンラインセミナーを開催。早朝にW杯の決勝を観戦。当初から望んでいた結果とはなりました。紆余曲折もありましたが、過去見た中でもNo1のW杯を存分に楽しみました。アルゼンチンの試合にはずれなしです。最後に光った選手として、アルゼンチンのマクアリステルを挙げておきます。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ハーゲンダッツ ラムショコラ

【長男とW杯観戦記(期間限定コーナー:結果には触れません)】
前日に「24時から生でみたい」といっていましたが、「おとうさんも4時から見るよ」と説得。
「4時なら見ない」といっていましたが、わたしの声で目がさめたようで、4時半ころに飛び起きてきました。その後は一緒に観戦。さらにその後には妻もいっしょに。我が家がサッカー漬けになった1ヶ月間でした。はじめて長男(7)と一緒に楽しめたW杯。そして、このコーナーも今回でひとまずのフィナーレです。