独立後のお金の不安との付き合い方。

独立

独立するとお金のことで不安を覚えることもあるでしょう。
ただ、現在、将来とその不安にはきりがなく、できることをやってきたいものです。

独立後、不安を和らげるには?

 

独立後はそれなりのお金が必要です。
毎月決まって入金される給料が入ってこなくなります。

 

お金が独立するときの心理的な足かせにもなるわけです。
お金がなくなれば食べていけなくなります。

 

ただ、お金を心配しすぎるのもよくありません。

結果として、あせって

  • やりたくない仕事を受けてしまう
  • 安すぎる値付けをしてしまう
  • 仕事に追われてしまう

といったこともあるかと。

最初のうちはそうもいってられないこともあるかもしれませんが、できるだけ避けたいもの。
それだけに独立後、銀行からお金を借りておくことには意味があります。

手元にお金があれば、それだけ気持ちの余裕も持てますし、お金の心配を減らすことができますから。

 

ただ、手元のお金があることに余裕を持ちすぎてもいけません。
お金をどう使うかも大事です。

 

お金のどこに使うか?

 

独立後、お金をどこにどう使うか?というのはじぶんで決めることになります。
誰に反対されることもありません。

 

ただ、お金が手元にあるからと気を抜き、

  • いらないところにお金を使ってしまう
  • お金を使うべきところに使っていない

ということもありえます。

お金がないと仕事を続けることはできませんが、お金があったらあったで、気が緩んでしまうという面もあるでしょう。

 

実際、わたしも過去にお金の使い方は見直してきました。

  • 借りていた事務所を返却
  • 電話・FAXを置かない
  • 税務ソフトは最低限
  • 紙を使わない
  • ITにはお金を使う

などなど。コストの大小が問題ではなく、必要かどうかかどうかという視点です。

 

どこに使うのが正解というのはなく、じぶんに合うかどうか。
じぶんなりに判断するしかありません。

 

独立後はお金の心配はあるものの、お金を使うことも大事です。
それも独立してみないと学べません。

 

手元にどれだけあっても、売上が立たなくなればお金は減っていくわけで、お金を使うことも大事です。

お金を使いすぎないように気をつけたいものですが、気をつけすぎても攻めることはできません。
何をするにも守り一辺倒では限界があり、攻めも必要です。

 

独立後の将来のお金

 

独立すると退職金はなく、老後のお金はじぶんで用意するしかありません。
老後のお金も必要ですが、考えすぎないほうがいいでしょう。

これは考えてもキリがありません。

 

お金の心配をしなくていいのはいくらか?
2,000万円なのか、5,000万円なのか、それ以上か。

それだけのお金を貯めるのはカンタンではありません。

 

とはいえ、何もしないというわけにもいかず、少しずつできる備えをしています。
独立後は選択肢が増えますし、備えまでの流れも勉強にもなります。

iDeCoや小規模企業共済をはじめ、節税しながら備えるということもできます。

フリーランスの将来の備え 少しずつ守りを固めていく iDeCo(確定拠出年金)・小規模企業共済から – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog
お金がありすぎると、それはそれでハングリー精神を失ってしまうでしょう。わたしはそうです。
だから、不安もあってしかるべきかと。

 

あとは、じぶんへの投資。
どんな仕事をしていても、食べていくにはお金が必要です。

独立後は営業をしなければ食べていけなくなります。

それを踏まえて、自分への投資という視点も欠かせません。

  • 使いすぎないようにお金をチェックする
  • 必要な場面でお金を使う
  • 経理やお金を勉強する

 

穏やかに過ごすためにも仕事とお金のバランスをとりながら、日々動いていくというのが大事かと。

FIREとかわたしにはむりですし、将来のお金を気にしすぎても仕方ありません。
よくあるお金の煽りに流されることなく、できることをやっていきましょう。

 


【編集後記】
昨日はオフ。妻と長男(7)と一緒にクルマの定期点検に。その後にランチのパンを調達。午後に重い楽器を家に持ち帰って練習するために長女(13)を中学校に迎えに行ったり、ドラクエXオフラインも少しすすめめました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
パンのかおり カマンベールチーズパン