入金があるまで油断できない。前受金でもらっても油断できない。

経理のコツ

売上が立ったとしても、入金があるまでは油断できません。

未回収になることもありえるからです。

入金までは油断できない

 

独立後、食べていくための売上は必要です。
とくに営業は独立後に磨かないといけないスキル。

 

その意味で売上が立つうれしさを本当の意味で味わうのは、独立後だといえます。
でも、そこで本当によろこんでいいかどうか。

 

その売上のお金をいただくまでは、油断できません。
お金をもらえない売上は、無償で仕事をしたことと同じですし、未回収なだけで税金を先に払うことになります。

 

請求書を渡したところで支払期日の記載がないなら、お客さまから「ま、来月でもいいか」と判断されてしまう可能性もあります。

 

なんとしても、こちらの望むタイミングで売上がお金に変わる事実を見届けなければいけません。
入金がないと、催促しないといけなくなります。

それにもかかわらず、請求書はきっちり渡しても、入金の確認ができていないということがあります。
チェックできるしくみをもつことが大事です。

 

未入金がわかるしくみをつくる

 

通帳だけ見ていても、取引先が複数あれば未入金なのかどうかはパッとわかりません。

 

経理をしましょう。
freeeなどクラウド会計であれば、請求書を出すと、売上の仕訳が自動で登録されます。

次に入金があれば、ネットバンクから連携されたデータをもとに入金登録され、結果的に未回収の売掛金があれば、残高がのこるはずです。

 

振込期限の翌日には入金がされているかチェックしましょう。
わたしは翌月1日には必ずチェックして、もし未入金があれば、すぐにメールで確認をお願いしています。

 

クラウド会計にもメールで未入金を教えてくれる機能がありますし、ネットバンクにも口座に入金があればメールが届く機能もあります。

 

入金の確認がすぐにできるようなしくみを持つことが欠かせません。
そのためには、ネットバンクを使うのは、必須です。

 

前受金でもらっても油断できない

 

売上のお金は後もらいじゃないといけないと思われている方が多いですが、前もってお金をいただいてもまったく問題ありません。

 

むしろ、前もって入金していただければ、未回収になるリスクはゼロですし、入金していただくしくみもつくりやすいものです。

Stripe Payment LinksとContactForm7で申込みから決済までを自動化してみた。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

お金を先にいただくか、あとでいただくかという違いだけで、仕事を提供することに全力なのは同じです。
前受金でもらっても、仕事を提供するプロとしてはどのみち油断はできません。

 

ただ、お金の心配は前受金なら減らせます。売上がお金に変わるところはしっかりと見届けましょう。
独立後、サボってはいけないところです。

 


【編集後記】
昨日はと資料作成を中心に。夜は長男(7)のリクエストでチャンピオンズリーグのパリSGとレアル・マドリッドの試合をチェック。長男(7)と新しくやりたいことも見つかりました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Google Podcast