ネットにあるデータをExcelで入力してはいけない。

Excel

ネットにあるデータがあれば、Excelでデータ化できます。

ネットの情報を見て入力するのは避けたいもの。

日付データの事例で考えてみます。

日付データの正体は数字

Excelで表示される日付。

表示形式を変えることができます。

通常、このような日付表示ですが、
GOforIT

セルの書式設定で、日付のタイプを選ぶことができます。
GOforIT 12

曜日まで表示させたい場合には、ユーザ定義で次のように入力すると、
GOforIT 11

曜日入りの日付で表示させることができます。
GOforIT

このうらには2022年の情報が隠れていて、2022年の1月31日の曜日で表示させるわけです。

このように変えることができるわけですが、その実態は数字です。

日付データから数字に変えることで

GOforIT 13

数字の情報が出てきます。これは1900年1月1日から数えて「44592日」という意味です。

GOforIT

日付データが文字列になっている

今回の事例はこういうものです。1/6/2021となっています。

GOforIT

一見、月・日・年の順となっていて日付のようですが、実際は日付データではなく文字列です。

さきほど、説明したような数字ではなく、文字として入力されたもの。

そのため、日付表示した数字であれば、Ctrl+Shift+1で数字に変更することができます。

GOforIT

ただ、この文字列だと数字に変えることはできません。

GOforIT

このような場合にでも、なんとかして日付として使いたいものです。

やり方はいろいろありますが、今回は次のようにやってみます。

データ→区切り位置を選び、1つのデータを分けたり、形式を変えることができます。

GOforIT 7

次へを2回クリック。

GOforIT 8

列のデータ形式を日付にし、並びを今回は「月・日・年」にしたいので「MDY」を選び完了をクリックします。

GOforIT 9

これで日付データとして表示することができました。

GOforIT

データの文字をExcelで入力してはいけない

ネット上にデータがあるということは多いですが、こちらが想定しているようなデータになっていないことも多いです。

ネットの画面でもドラッグしてコピーし、

GOforIT

テキスト形式で貼り付ければ、

GOforIT 16

データにできますし、

GOforIT 18

PDFファイルだけが手に入るのであれば、こういったツールでExcelに変換するといったように。

GOforIT 19

【無料】PDFをExcelに変換 – Adobe 公式 | Adobe Acrobat(日本)

データにしてExcelにコピーできれば、あとは工夫次第で利用できるものになります。

データ処理のパターンを知っておくと便利なので押さえておきましょう。

2つのデータを1つにつなぐのはむずかしくないのですが、わけるとなると難易度は上がりますのでパターンを知っていれば対応しやすいです。


【編集後記】
昨日はオフ。こどもたちと3人で映画へ。ネットで面白い場所を見つけたので、妻にLINEで送ってみたところ、実は気になっていたそうで。どこかのタイミングで行ってみようかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ

Microsoft Authenticator

とあるサービス解約