数字をチェックしても必要以上に追わない生き方。

独立

独立後、毎月じぶんの数字をチェックしています。ただ、そのいっぽうで必要以上に追わない数字もあります。

数字の行方を追う

独立後、じぶんの数字をもつようになりました。

数字というのは、どのくらいあるか、そのボリュームを教えてくれるものです。

じぶんで経理をやって、その数字を追っています。

今月はどのくらい利益があるか
現在、どのくらいお金があるか
どのくらいお金が持ちそうか
いくら借りているか
毎月いくら返済しているか

などなど。

数字をチェックし、その先を追ってみることでだいたいの見通しもわかります。

そんな判断基準にもなる数字、税理士ならずとも独立された方にはおすすめしています。

いっぽうで、わたし自身、求めていない、追っていない数字もあります。

税理士であるわたしが追っていない数字

わたしは次のような数字を追うようなことはしていません。

必要以上の売上

必要以上の売上は、追っていません。

毎年、増収増益を目指せとはよく言われますが、わたしにはあっていないと感じるからです。

特に売上の数字を毎年上げることを目指すと、それに伴ってじぶんのやりたいことをやる時間を失うでしょう。

数字を追ったばかりに、仕事に追われることにもなります。

じぶんの好きな時間も毎日確保するために、必要以上の売上は追わないようにしています。

お客様の数

売上を追わないためには、お客様の数を必要以上に追わないようにしています。

お客様の数が多ければ、人を雇う、売上を増やすことも求めがちになります。

そうならないように、お客様の数を必要以上に追わないようにしています。

人を雇うのも気が進まないとなると、仕事できるお客様の数はどうしても限られます。

PV・読者の数

発信するときのブログのPVやメルマガのフォロワーの数も追っていません。

ブログのPVは気になっていた時期もありましたが、今は気にしなくなりました。

じぶんの発信に興味を持っていただける、必要としてくださる方にしっかり届けばいいかなと思っています。

友達やフォロワー、いいね!の数を増やそうと無差別に友達申請する方もいますが、そういったつながりから本質的な関係は生まれないと思っています。

必要以上に求めないことでより絞った発信ができますし、楽しめます。

じぶんの積み上げた数字を見る

数字をチェックしても、追いすぎない。

数字を追いすぎると、それ自体ノルマになってしまいます。朝から晩まで仕事漬けになるのは、じぶんの求めている独立の姿ではありません。

現状、数字を追いすぎずに増収増益ならずとも食べていける売上があればいいかなと考えています。

それに売上を増やさなくても、経費を増やさなければ、利益を出すことは可能です。

人を雇わず、事務所も借りなければ固定費もその分はかかりませんし、やりようはあります。

わたしはどちらかといえば利益と時間のバランスをどうとるか、じぶんの腕を磨くことを追求したいものです。

そして、数字をチェックしても人との比較ではなく、あくまで過去のじぶんの数字との比較です。


【編集後記】
昨日はオフ。長男(6)とZガンダムをAmazon Primeを。勢力図やブライトの立ち位置などむずかしいようで解説しつつ、ハマったようです。ひとまず4話まで。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
Squoosh
Classic Widgets