リュックのない生活にはもう戻れない。(Incase ICON PACK NYLON)

独立

仕事をするときも、オフのときもリュックを使っています。

もうカバンには戻れません。

機動力が高いリュック

独立後、しばらくしてから手持ちカバンをやめてリュックに変えました。

今使っているのがIncaseの ICON PACK NYLONというリュックです。

このリュック、もともとコロナが始まったときに、Withコロナ、Afterコロナを想定して買ったのですが、Withコロナになった現在もやはりリュックの効果を感じているところです。

このリュックを選んだ理由は、MacとiPadを収納するポケットがそれぞれあること。

DSC03015

背中側にポケットがあり、中がクッション性の生地になっているので、PCケースを使う必要がありません。

このようにサッと収納するだけです。

DSC03017

14インチのMacBook Proも入ります。

iPadは別のポケットがあるので、持っていっても接触することはありません。

リュックで移動するメリット

リュックのよさはなんと言っても、ポケットが多く、いつでも両手が空いている状態だという点。

Withコロナになった現在、マスクをするのは日常です。マスクの収納ケースも持ち歩きサッと取り出せるようにしています。

GOforIT

消毒液も携帯していてサイドポケットから

IMG 4562

リュックを背負ったまま、サッと取り出せるようにしています。

GOforIT

カフェで仕事をすることもありますが、トイレに行くときには、パソコンをリュックにしまえばいいので、やっぱり両手はあいたまま。カバンをトイレに置く必要もありません。

カメラという荷物は増えたのですが、リュックのベルトにキャプチャーでつけて、そこにカメラを装着しています。

写真を撮りたくなったらサッとカメラを手にして撮れます。カメラは両手使いますので。

長女(12)が撮影。 iPhone12ProMax

手持ちのカバンだとこうはいかないです。

長男(6)が寝てしまったときなどには抱っこすることもあるのですが、そういうときも両手が空いていると助かります。

今使っているリュックがパソコン収納に対応したリュックだというのも使いやすい理由です。

さらに動きやすいというメリットもあり、もはや手持ちカバンには戻れず、リュック1択です。

仕事でもプライベートでも変えないメリット

リュックを使うのは、仕事のときだけではありません。プライベートでも同様に。

365日同じリュックを使っています。

もともと忘れ物をすることもあるのですが、毎回持ち物が同じなので、忘れ物をすることもなくなりました。

今日はこれとこれ、明日はこれとこれと持参するものを変えると、忘れ物をしやすくなるので、その意味でも365日リュックを使う効果はあります。

なんでも続けるなら毎回同じ型を続けるほうが楽です。

持ち歩くことを考えると大きさ、重さとも少し小さめがいいかなという感じです。

ちなみに、わたしがiPadを入れているポケットに12.9インチiPad Proは入りませんでした。

リュックを使っている方は、それほど多くないのかもしれませんが、このコロナの状況下では使ってみるメリットもあります。

ということで、「これからリュック使ってみようかな」という方の参考になればうれしいです。


【編集後記】
昨日は個別コンサルティングをオンラインで。相続税申告についてでした。その後は法人の決算をやってから、買い物で外出。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある依頼