14インチMacBook Pro(M1Pro)を2週間使ってみた結果。メインPCに昇格した理由。

MacBook Pro(M1Pro)

M1Proチップ・14インチMacBook Proを買って12日。約2週間使ってみた末にメインPCに昇格しました。

その理由についてお話します。

14インチMacBook Pro(M1Pro)を12日使ってみた結果

2021年10月26日に発売された14インチ MacBook Pro2021。

コスパでいえば、MacBook Air(M1チップ)のほうがいいだけに買おうか買うまいかで迷っているという方もいるでしょう。

なんと言っても今回のMacBook Pro。高いです。わたしが手にした最安の14インチMacBook Pro(M1Proチップ)でもMacBook Airを最安で買った場合の倍の値段です。

GOforIT

ともなれば、一度買ったものの、その後2週間以内に返品を選ぶという道もあるかもしれません。

わたしはというと、けっこう早い段階で返品しないことを決めていました。とはいえやはり安い買い物ではないので、今日まで使い勝手を試してみたところです。

その結果、やっぱり返品しないで使い続けようということになりましたので、ここにご報告しておきます。

MacBook Airと比べてもやや厚みありますし、M1チップのMacBook Airと比べても倍早いという話でもないのですが、今はメインPCに昇格しました。

ということで、その理由をお話してみようかと思います。

14インチMacBookProを返品しないことにした理由

14インチMacBook Pro(M1Pro)を返品しないことにした理由は、それなりにいいところもあったからです。

次のような理由をあげておきます。

スロット

今回のMacBook Proの大きな変更点がスロットです。

USB-C、MagSafe3以外にSDカードとHDMI端子がついています。

いままで必要としていたハブなくして、カメラのSDカードを直接挿せる、直接MacBook ProにHDMI端子を接続できるというのがほんとうに快適でした。

これまで持ち歩いていたハブもちょっとしたはずみで、はずれたりすることもあったのですが、それももうないです。

これだけでも快適指数はかなり上がりました。今の状態でMacBook Airに戻るとこの点で物足りなさをに感じるでしょうね。

キーボード

M1チップMacBook Airとの違いは、キーボードにもあります。

MacBook Airのキーボードに比べると、タッチしやすいキーボードになったという印象。

じっさい、キーストロークがこれまでの0.5mmから1mmになったことで打ちやすくなっています。

薄いほうがいいかと思いきや、そうでもないかなというのがわたしの感想です。

分厚さが意外とフィット

MacBook Proのデメリットは、MacBook Airに比べると厚めだということで、これはわたしも感じていました。

やっぱり薄いほうがいいよなぁと。

ただ、今日まで使ってみると慣れるものです。これはこれでありかなと。

ちょうどMacBook Proの厚みがわたしの小指の厚みとおなじくらいで、フィットした感もありました。まぁ超個人的な理由ですが。

GOforIT

膝の上においてパソコンを触るときには、MacBook Airのように手前に向かって斜めに下がっていない方が使いやすい、というのはやってみて気づいたことです。

GOforIT

まぁ、足が短いがゆえにかもしれませんけど。

もう1つ言えばカラーです。一度はゴールドに目覚めたわたしですが、MacBook Airのようなゴールドがよかったのですが、なかったので。シルバー。

ただ、使ってみるとこれはこれでかっこよくて気に入っています。

なんだかんだで速い

多少なりともMacBook Airに比べると速いです。

わたしの持っているM1チップ・MacBook Airとの比較ということにはなりますが。

その速さに驚き→効率化→テンション上がる、という好循環が生まれています。

わずかな差だとしても、それでストレスが減るのであれば投資する価値はあるってものです。

重さは感じない

リュックに入れて持ち歩いてもみましたけど、「お、重い…」と感じることもありませんでした。

GOforIT

0.31kgは重いのでしょうけど、それほど気になりません。14インチなら。

まとめ

ということで、コスパは決していいとはいえない14インチのMacBook Pro(2021)を返品しなかった理由についてお話しました。

けっきょくのところ、コスパ以上にじぶんにフィットしたというのが理由です。

同じITでもiPadPro12.9インチは即返品しましたけど、大きいほうがいいという方もいますし。M1ProでなくM1Maxの方がいいという方もいるでしょうし、人それぞれです。

じぶんの好みは誰とも違うでしょうし、決して値段だけでは測れません。

じぶんのモチベーションが上がるなら買っておくべし、これに尽きます。

ということで。これから14インチのMacBook Pro(2021)を買おうという方の参考になれば幸いです。


【編集後記】
昨日はお客さまとの打合せ。その後にパンを買いに行き、夕食は久々にそのパンを食べました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
TAKUTAKU ブルーベリーチーズ
とある契約