「Excelでマイナスの金額だけを集計する方法」のニーズ。ありそうなら出しておく。

Excel

Excelでマイナスだけを集計する方法についてまとめてみました。

データを集計するには

Excelでこのようなデータがある場合、このデータを集計する方法はいくつかあります。

GOforIT 2

1つは、Sumで合計する方法。Alt+Shift+=で集計することができます。

GOforIT

ピボットテーブルでも集計することができます。Ctrl+Tでテーブルに変換しておき、Alt→N→V→Enterでこのような表示になり、

GOforIT 4

項目別にデータを集計することができます。
GOforIT

売上を商品別、月別に集計するならピボットテーブル SUMIFSよりも自由でかんたん | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Excelでマイナスの金額だけを集計するには?

通常、集計するデータはプラスであることがほとんどですが、マイナスのデータだけを集計したいという場合もありえます。

Excelでは、マイナスの金額だけを集計することもできます。

今回のデータだと、sumifを使って「=sumif(B1:B32,”<0″)」というように、「”<0”」としてB1からB32までのセルのうちゼロより小さいものだけ、という条件をつけると、

GOforIT 7

ゼロより小さい数字だけを集計することができます。

GOforIT

一応、確認も。マイナス金額だけを選択して合計した値は

GOforIT 8

同じ金額になっているのが確認できます。

GOforIT 9

「そんなの…」がニーズになることもある

マイナスの金額を集計するというのをよく使われるかというと、それほど利用することはないかもしれません。

ただ、ニーズというのは人によって違うものですから、マイナスだけを集計したいという方がいる可能性もあるでしょう。

ニッチなネタにニーズがあれば、見つけてもらいやすくなります。ちょっとでもニーズがありそうなら出しておきましょう。

話の中で、ネットで。

普通に考えたら、そんなニーズあるかいな、ということでも、私はちょっとでもニーズがあるかもと思ったら、ひとまず出すようにしています。

たとえば

  • 「株式の評価をやりたいけど、入門から教えてくれるセミナーがなかった」
  • 「相続をスポットで相談できるところがなかった」

という声はこれまでにもいくつかありました。

普通のサービスは、他でもありますし、普通は…を考えると提供できること、ネタにブレーキがかかってしまいがちです。

あえて、普通になさそうなものも出していきたいものです。

出しておくのは自由です。たとえすぐにニーズがないとしても、タネをまいておかないとニーズを見つけることはできませんので。


【編集後記】
昨日は歯医者にいって虫歯の治療、その後に資産税の仕事でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある依頼