M1チップ MacBook AirでSONY α7CをZoomのWebカメラにするときの注意点。

オンライン

お気に入りのカメラの1つ、ミラーレス一眼のSONY α7C。

M1チップのMacBook AirでZoomのWebカメラとして利用するには注意点もあります。

α7CをWebカメラとして使うには?

冒頭のカメラ、α7Cはミラーレス一眼カメラ。

フルサイズのカメラとしては軽い部類に入ります。

レンズを交換して違った写真を楽しむことができるものです。

そのカメラをオンラインの打合せやオンラインセミナーで使うことができます。

MacBook Airのカメラは、720pと映りはいまひとつ。そこでデジカメをWebカメラとしています。

パソコンのカメラを使わずにスマホを使うでもいいかと。

自主開催セミナーでWebカメラにスマホを利用してみた(EpocCam HD)Mac・Windows両対応 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

同じMacでもM1のiMacだと1,080p。もう少し映りがよくなっています。

コンデジのZV-1もつかっていますが、商品レビューモードなどZV-1にしかない機能もあります。

オンラインでの接続やピント合わせはZV-1の方がやりやすく、そちらを使うこともあります。コスパで考えてもおすすめのカメラではあります。

MacBook Air(Apple M1チップ)でSONY ZV-1のUSBストリーミング。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

α7CをWebカメラとして使うには?

α7CはUSB-C端子があり、そこからパソコンに接続してWebカメラとして使えるのもメリットです。

USB-C端子を差しても、バリアングル液晶スレスレで邪魔しないつくりにはなっています。

準備としては、Mac側で

Imaging Edge Webcamをダウンロードし、(Windows/Mac)

α7C側で

  • MENU → (ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[スマートフォン操作]→[切]
  • MENU → (ネットワーク)→[PCリモート機能]→[PCリモート]→[入]
  • MENU → (ネットワーク)→[PCリモート機能]→[PCリモート接続方式]→[USB]

と操作をしたあとで、付属のUSB-Cケーブルをカメラに接続します。(先にUSB-Cを接続していても認証されません。)

IMG 8918 2

Zoomを使うのであれば、カメラ設定で「Sony Camera(Imaging Edge)」が選べるようになっていれば大丈夫です。

GOforIT 8

もしカメラが認証されていなければ、パソコンを再起動をしてみましょう。

M1チップのMacBook Airでカメラが反応しない場合の対処法

通常はこの手順で使えるようになっているはずですが、M1チップのMacBook Airの場合で反応がないということもあります。

この場合、Zoomのバージョンが最新になっていることが原因です。

Zoomのバージョンを変えることで解決できます。

Zoomのダウンロードセンターで現在はM1チップ対応と通常のダウンロードがあるので、こちらからM1チップ搭載用ではなく、通常の方をダウンロードして、再起動すれば認証されるようになります。

GOforIT 6

その後には、Zoomを起動するたびにこういった表示がでますが、現状は無視することになります。更新するとまた使えなくなるので。

GOforIT 9α7CをWebカメラにしてみてよかったのは、視線。ミラーレス一眼カメラのレンズが大きいと、レンズに視線を持っていきやすくなります。

GOforIT 5

丸いレンズを見ればいいので。ボケ具合もよくおすすめです。

手軽に動画やオンラインで使うならZV-1もおすすめのカメラです。USBケーブルがあれば、ソフトすらも不要なので。

MacBook Air(Apple M1チップ)でSONY ZV-1のUSBストリーミング。 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

MacBook Air(Apple M1チップ )でSONY ZV-1をZoomのWebカメラにできない場合の解決策 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

ご興味ある方は参考にしていただければ。


【編集後記】
昨日は久しぶりに電車に乗ってからの打合せでした。たまにしか使わないのでモバイルSuicaのログインをし直さないといけないです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある場所