ネットに顔を出すのが苦手な場合でも出したほうがいい理由。

独立

ネットに顔を出してよかったかどうか。わたしは顔を出してよかったと感じています。

個を出すためには、欠かせないことです。

ネットに顔を出すのは苦手?

ネットにじぶんを出すのが苦手だという方もいらっしゃるでしょう。

まぁ、わたしもその1人だったわけですが。

ただ、今にしてみるとやはり顔を出すべきだなと思います。

たとえば、何か仕事をお願いしたい場面で街で看板を見つけてお店の前に行っても、どんな人か?どんな雰囲気か?という内面はわかりません。

同様にネットから仕事を依頼したいとなった場合で考えると、検索して見つけてもらえたとしても文字だけのHP(ホームページ)では、「どんな人か?」は文字でしかわかりませんので、物足りない気がします。

わたしがネットから探す立場ならそう感じます。

依頼していただく判断材料として、「どんな人か?」がわかる大きな要素である顔。

やはり出しておいたほうがいいでしょう。ネットに顔を出さなくても仕事を依頼していただけるならその必要はないのかもしれませんが、雰囲気を想像しやすいのは間違いありません。

特に独立後は、個を知っていただく必要があります。

顔がわかると話が速い

ネットに顔を出しておくメリットの1つは、話がはやいこと。

もし、HPに顔を出していなかった場合、お問合せをもらっても、対面するまではイメージしにくい部分があります。「大丈夫かな」という不安もやはりあるでしょう。

たとえば、オンラインで面談した場合、Zoomなどで会ったところからの情報収集です。結果として、顔や考え方をから苦手意識を持たれるかもしれません。

顔が好きじゃない、話し方が苦手とか好みもあるでしょう。

いっぽうで、ネットに顔を出しておけば、少なくともお客様からは「顔が好きじゃない」というフィルターはクリアした状態でのやりとりができます。

もちろん、ネットに顔を出しておいて、「苦手な顔だな」とページを閉じられる可能性もあるわけですが、まぁそれはそれで不毛なやりとりをしないで済むわけで、お互いのためにもいいかと。

フリーランスになったら、個で選んでいただく必要があります。

ネットにさらすことの不安があるかもしれませんが、堂々と出していきましょう。

わたしも当初は気が進まなかったのですが、一度出してみて、形を変えて出していけばそのうち慣れます。

趣味や考え方も出しておく

顔とともに、じぶんの情報も出しておきましょう。

顔は出したほうがいいわけですが、さらに個人情報と掛け合わせることで、より個を伝えやすくなります。プロフィールもその1つです。

わたしは、写真にも個を出すようにしています。

  • 富士山の近くでドローンを飛ばしている写真
  • MacやiPadを使っている写真
  • じぶんで撮った写真
  • 子どもの写真(顔は出さない)
  • 気に入っているセピアでの写真
  • 私服の写真

といった写真をブログやHPで出して、よりどんな人間かをイメージしていただけるようにしています。

もっとも、それを見てどう感じていただけるかはまた別の話ですが、味の違いにはなります。

参考までに、これまで依頼を頂いた方から「顔は苦手なんですけどー」と言われたことはありません。

まぁ、言えないでしょうけど、依頼をいただけている方にからすると、苦手な顔ではないということですね。

独立後は顔、出していきましょう。


【編集後記】
昨日は資産税関係の仕事。その後にとある資料作成、読書という1日でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
カントリーマーム チョコまみれ