スキルを磨くには、出せる場所を見つけると早い。

独立

スキルを磨きたいときには、とにかく触って、アウトプットできる場所を見つけて、とにかく出すというのをやっています。

カメラの世界は奥が深い

カメラ、触るほど奥が深いなぁと感じています。

スマホとカメラと撮り比べるのも楽しめます。

手軽なスマホでもいい写真は撮れます。使っているiPhone12 ProMax。かなりいい写真撮れます。

ただ、同じ写真を撮るというのでも、デジカメは触ってみてかなりイメージが変わりました。

わたしのイメージだと、あえてマニュアルを選ぶというのがカメラの世界。

たとえば、F値でボケを変えたり、焦点距離(35mm)で画角が決まる、望遠レンズを使うなど、その1つ1つが写真を撮るのに大きく影響します。

スマホにも多少の調整はありますが、カメラはより細かい印象です。わたしはスマホで撮っていたときは、そこまで考えていませんでしたので。

その組み合わせ次第でいかようにも表現できる、オリジナルの写真が撮れる、オンライン用にも使えるというのもカメラの魅力の1つです。

こうしたことは、実際に触ってみないとわからないことでした。

とにかくやってみる、出してみる

新しいスキルを身につけようとするとき、とにかく日々さわるようにしています。

本を読むだけでは、たいていのことは身につかず、じぶんでさわってみて、何らかのかたちでアウトプットしないと身につきません。

そのためにまずはアウトプットできる環境をつくるようにしています。

とりあえずモノを買ってみて、環境を整えたり、日々触る時間を確保するという工夫はかかせません。

このブログのWordPressもそもそも未知の世界。テーマって何?カスタマイズって何?というところから始まっています。

もちろん記事も書いたことなかったですし。

まずは書いてみる、WordPressを触ってみる、それを毎日繰り返すということをやってきたわけです。

サッカーのシュート練習のイメージです。

1794日続けたこともあり、WordPressを通して、サーバーの移転やオンラインストアでの自動決済のしくみも一応つくれるようになっています。

カメラも誰かの写真を見ているだけでは、スキルは身につかず、ひとまず写真を撮ってブログにアップして外に出すということをやっています。

スキルをじぶんのものにするには、どこかにアウトプットできる場所をつくるのがおすすめです。

体験をアウトプットしてみよう

体験はじぶんのオリジナルでもあります。

それも出してみましょう。恥ずかしいような体験でも誰かのお役に立てる可能性はあります。

わたしは、じぶんの体験などはこのブログに書いてアウトプットしていますし、セミナーのネタの1つとして出すこともあります。

思い返してみると、じぶんならではの体験が何かしら眠っているものです。

体験の中には、ネタになるかどうかわからないこともありますが、出してみましょう。

ネタになると思っていなかった体験談、失敗談で意外と喜んでいただけたということもありますので。


【編集後記】
昨日は税理士業をやってから、外出して読書などを。夕方に公園に子どもを迎えに行って写真を撮らせてもらい、写真にも喜んでもらえました。夜は長男(6)と1つランクが上のどうぶつしょうぎがメルカリで届いてやりました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(6)の子どもと写真撮影
ごろごろどうぶつしょうぎ