経理をするのにExcelを使うかどうか? インポートをやってみよう。

経理のコツ

経理にExcelを使うかどうか。わたしはExcelをよく使っています。

会計ソフトが入力しやすいわけではない

経理をやるときに、Excelを使うかどうか。

わたしはExcelをよく使う場面があります。

クラウド会計を使っていれば、ネットバンクなどのデータ連携はできるのですが、経理はデータ連携ですべて対応できるわけではありません。

中には、クラウド会計でデータ連携できない取引もあります。

そういった取引をどうやって経理するか?

そこで、わたしはExcelを使っていますし、マクロを使って自動化することもあります。お客さまにもExcelを利用いただくことがあります。

クラウド会計はデータ連携ができるというメリットはあるものの、決して入力がしやすいというわけではありません。

むしろ入力はやりにくいです。(わたしにとっては。)

入力をするなら、Excelのほうがしやすいという印象です。

経理にExcelを使うメリット

Excelで経理するメリットには、次のようなものがあります。

最小限の入力で済む

会計ソフトに入力する場合、取引を1つずつ入力するというイメージです。

なので、時間もかかるわけです。

Excelであれば、数式を使うこともできますし、入力にもオートコンプリート機能を利用することができ、結果として入力は最小限で済みます。

GOforIT

 

Excelスキルを磨ける

経理をExcelでやると、関数を使ったり、ショートカットキーを使って入力の効率化ができます。

たとえば、毎月同額を計上するような仕訳なら、1行目だけ数式反映させて、

GOforIT

Ctrl+Dで同じ数式をコピーする。

GOforIT

あるいは、すでにある仕訳を会計ソフトからエクスポートして、利用することもできます。

取引日の年を2020から2021に置き換えてみたり、セルB3で「=EOMONTH(B2,1)」という数式を入力すると翌月末を表示させることができるます。

オートフィルで一番下までコピー。これをインポートすればいいわけです。

会計データのExcelインポート入門 経理を楽にするためにやってみよう(弥生会計版) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

経理データのExcelインポート入門(マネーフォワードクラウド編)   | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

会計ソフトのショートカットキーは会計ソフトでしかつかえませんので、覚えてもほかではつかえません。

でも、Excelなら他でも役立つスキルです。

入力を絞れる

表の形式に数字を入力していただき、そこから仕訳データを生成して会計にインポートすることもできます。借方とか貸方とかそれほど意識しなくてもいいかと。

たとえば、Excelの現金出納帳のようなイメージです。ほかでも応用はできますので。

GOforIT

マクロを使えばインポートファイルの作成は自動化できます。

インポートをやってみよう

Excelで経理をやるというと、インポートできるスキルは欠かせません。

「やったことないから。」ということで選択肢から外しがちですが、前述したようにExcelを使うメリットはあります。

これができれば、クラウド会計でデータ連携できないツールのCSVファイルを利用して、インポートすれば効率化にもつながります。

これまでに書いた記事でも利用例を紹介しています。

Airレジの売上データ連携の問題点と解決策 PayPay・楽天ペイの売上がある場合のパターン(Excelマクロで仕訳インポート) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

メルカリで買った本をどうやって経理する? Excelマクロを使うのがいい | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Excelから支払データをつくる流れ(楽天銀行・法人口座.Ver) | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

Excelを使って経理をやってみていただければ。トレーニングは必要ですが、ミスすることで習得できることもあります。


【編集後記】
昨日はオフ。大雨だったので、早朝にウォーキングした以外は1日外出せずに子どもたちと遊びつつ自宅で過ごしました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
CP+2021
子どもたちにとあることをお願いした