PC(Mac)やタブレット(iPad Pro)にないスマホ(iPhone)の使いみち 

iPhone

手軽で便利すぎるスマホ、PCでできることの多くがスマホでもできるようになっています。

ただ、それだけに使い方も考えておきたいところです。

スマホが手軽で便利すぎる件

PC でできることの多くがスマホでできるようになりました。

今は、確定申告もスマホでやれるようになっています。(やりやすいかどうかは別として)

ただ、便利であるがゆえに取扱い注意でもあるスマホ。

その手軽さゆえについつい手にとって、気づいたら時間がかなり過ぎていたということもあるのではないでしょうか。

わたしの体験談でもあるのですが。

そんな経験から、現在はスマホとは、近づきすぎないようにして、ついつい触ってしまい…というのを減らすようにしています。

かといって、スマホがなくていいか?といえばそんなことはありません。やはりスマホがないと不便さを感じる面も多いのです。

私の場合、 Mac(PC)、 iPad Pro(タブレット)、iPhone(スマホ)と使っていますが、どれも役割が違うものです。

現状のスマホの使いみち13

私自身、この数年でスマホの使い方は変えてきました。

通知はなにか動きがあったら教えてくれるので、ひとりには便利なのですが、アプリが増えると常時「ピコーン、ピコーン」と通知が飛んでくることになるので、現状はすべてのアプリを通知オフにしています。

そうはいっても、やはりスマホでないとできないこともあります。ここでは、私の使いみちを12個あげてみました。

①写真を撮る

カメラはスマホでよく使っている機能です。ブログで写真を掲載していることもあり、気になる写真があればサッとリュックからiPhoneをとり出して写真を撮っています。

現在使っている iPhone11Proでも、かなりいい感じの写真が撮れます。

一応、iPadにもカメラはついているのですが、使い勝手はやはりiPhoneにはかないません。

②メモする

思いついたこと、やらないといけないことをメモするようにしていますが、このときにiPhoneやApple Watchを使っています。

iPhoneではFastever3、Apple Watchでは、Everonoteアプリです。

ただ、音声認識の精度は、 Apple Apple Watchよりも iPhone の方がいいように感じます。

③電子マネー

電子マネーは、iPhoneでもApple Watchでも使えます。

Suica、QUICPay、iDなどはApple Watchが使いやすいのですが、ローソンでauPayを使ったり、PayPay、LINEPay、スタバなどをつかうときは、iPhoneを使っています。

PayPayは Apple Watch でも使えるのですが、画面が小さくてバーコード使いにくく、 iPhoneで決済しています。

④検索する

外出時に検索したいことがあれば、 Google Chrome で検索しています。

⑤音楽をかける

外出時に音楽を聞きたいときは、Amazon MusicをiPhone から操作しています。このときはAirPodsProも使います。

⑥体調管理

Apple Watchから体の数値をチェックしています。このときに見ているアプリがアクティビティとAutoSleep。

Apple Watchにも同じアプリはあるのですが、見ることができる情報は限定的であり、過去からの推移をチェックしたいときは、 iPhone一択です。

あとは、毎朝、体重計に乗って体重、体脂肪、BMIなどもiPhoneに入力しています。

iPhoneから推移のグラフもチェックできます。なかなか急激な変化というのはありませんが、少しずつの変化はあります。

⑦カレンダー

予定を決めたら、カレンダーに入力していて、mocaというアプリを使っています。Macにも同じアプリを入れていますが、外出時などやはりiPhoneを使うのが早いです。

⑧地図

行ったことのない場所に行くとき、ルートやどのくらいの時間がかかるか?をGoogleMapでチェックします。

現地に行ってみたけど、場所が分からなくなったというときもありますから、その時はやはり iPhoneでの確認になります。

⑨ブログ

ブログのアクセス数のチェックはWordPressアプリを使っています。

あとは、外出先でブログを修正したいときとかがたまーにあります。そういうときにiPhoneから記事を修正することもあります。

実は先日にもそれがあって、今回のブログネタにしようというところに至ったのですが。

⑩メルカリ

読んだ本をメルカリで売っていますが、このときの手続はiPhoneを使うしかありません。

PCやiPadにもあるにはありますが、PCでの利用はQRコードのスキャンを考えると現実的ではなく、iPadのアプリは、iPhone仕様そのままなので画面サイズがあわずに使いにくいです。

⑪スキャン

お客様に紙の書類を見せてもらうことがあれば、iPhoneでスキャンしています。

使っているアプリは、Scannableです。スキャンしたファイルをDropboxに送っています。

スマホは近すぎず・遠すぎず

スマホは、便利ではありますが、その反面、すぐそばにあるとついつい触ってしまい、気づくと時間を失ってしまいます。

そのジレンマの対策としてやったことは、スマホの便利な機能は使いつつ、スマホをあえてすぐに手が届かない場所に置くことです。

そして、スマホで使うとされたアプリも、あえて何度かクリックしないと開けないようにしています。

同様に、外出した場合、iPhoneをすぐに取り出せるポケットに入れておかずに、あえてリュックに入れるようにしています。

リュックにいれておけば、すぐに取り出すことができません。手を後ろに回さないといけない、チャックを開けないと取り出せないというので、なんとなく触るというのがなくなっています。

Apple Watchは、iPhoneがないと機能しないGPS対応ではあるのですが、リュックにいれておけば、Apple Watch自体は反応してくれます。

iPhoneからは、何度も触っていた原因になっていたTwitterやFeedlyといったアプリを消しました。 (FeedlyはiPadやMacでチェックできますし。)

しばらくして「使っていないなぁ」と判断したアプリも、同様に削除しています。

外に出ているときにPCを開かなくても同じように操作できるアプリがあるのは便利ですし、かつ、カメラとしても使えるなど魅力あるスマホですが、触りすぎると時間を失いがちなので、使い方については少し考えておきたいところです。

近すぎず。遠すぎずというところでしょうか。遠すぎるとApple Watchが使えなくなるなど支障もありますので遠すぎてはいけないのですが。


【編集後記】
昨日はオフ。自宅のトイレ床のフロアシートを貼りました。思った以上に時間かかりましたが、雰囲気も変わってよかったかなと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
ロン・ボワン
床リメイクシート