Apple Watchで使っている機能は一部だけ 本当に買うだけの価値があったのか?

Apple Watch

Apple Watchは、電子マネーを使えたり、身体の情報を記録したりと、とても便利なツールです。

とはいえ、使いこなしているかといえば、そうでもありません。使っている機能は限定的です。それでも投資の価値があったかどうか、についてお話します。

Apple Watchでできること

今は1日のほとんどの時間で身につけているApple Watch。

電子マネーで決済するとき、電車に乗るときにも腕をかざせばすむわけですから、ラクです。iPhoneをリュックから出さなくても済んでいます。

そして、じぶんの管理をするにも最適です。

消費カロリー、睡眠時間、運動の記録などはApple WatchからiPhoneに連携してくれます。

防水というのもメリットで、この暑い時期に洗えるというのは、うれしいポイント。

走ったり、運動を始めたときに、自動で判断して「ワークアウト中のようですね。」と聞いてきてくれます。そこで画面をタップすると。運動し始めたところから記録してくれます。

とはいえ、「いや、今は歯磨きしていただけなんだけど…」というときもありますが、ある程度の振動で判断しているということがわかります。

動きが一定時間止まると「ワークアウトを終了しましたか?」と聞いてくることがあります。このときは公園に寄り道して、長男(5)がジャングルジムを登っているところを見ていました。

このように反応するところはまさにスマートウォッチといえます。

と、Apple Watchの特徴についていろいろお話しましたが。このApple Watchを使いこなしているか?と聞かれれば、そうでもありません。

使っているのは、おそらく4割ほどといったところでしょうか。画面に表示されるアプリの一部しかつかっていません。

よく使っているアプリは、

  • Evernote(声でメモ)
  • アクティビティ(運動記録)
  • ワークアウト(運動記録)
  • Wallet(電子マネー)
  • AutoSleep(睡眠記録)

といったところです。記録アプリは使うという感じではなく、記録のためにアプリを置いているといったほうがいいでしょう。(それぞれの記録がiPhoneに自動で連携されます。)

Apple Watchの通知機能は使わない

Apple Watchの機能のうち使っていない機能の1つが、通知機能。

常に身につけているわけだから、通知機能は欲しい、と思われるかもしれません。

ただ、通知機能があることで、しょっちゅう腕に揺れがあるわけですから、これだとiPhone以上に気が散ってしまいます。(音をなくしても、画面が表示されれば気になりますし。)

結果として、通知機能があれば、もっと使いこなせるはずなのですが、それはあきらめています。

かと言って、通知がないとApple Watchで困ることがあるかといえば、そんなことはなく。じゅうぶんにApple Watchの機能を体験できています。

例外として、旅行に行ったときなどには、Appleのマップアプリの徒歩の通知だけオンにしています。理由は後述します。

それでもApple Watchを選ぶ理由

Apple Watchは、iPhoneやAirPodsPro、Macと連携させることができます。

たとえば、MacBook Airを使うとき、Apple Watchを身に着けていると自動でロック解除してくれますし、

Apple Watch Series4で新たな体験 MacBook Proのロック解除がオートになった日 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

移動中にイヤホンをして音楽を聞いていても、音量の調整は、iPhoneを触らなくてもApple Watchでできます。

また、初めての場所に行けば、目的地までの道案内をApple WatchがiPhoneとリンクして、曲がる場所を車のウインカーのように教えてくれます。(このときは通知機能が必要になります。)

もうiPhoneで地図を何度も確認しなくてもいい ひとり旅には「AirPodsPro×Apple Watch」 | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

というように、サッカーのチーム連携のような感じで、新たな体験ができることも多いです。

それだけに、Apple Watchの機能をフルで使いこなしていなくても、もとはとれています。

Apple Watchを買ってみようかと検討されている方の参考になれば。


【編集後記】
昨日は、税理士業をメインに。とあることを東証に問合せました。郵送じゃなくても、メールでPDFファイルを送れば、対応してくれるというのはとてもありがたいです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
東証にとある問合せ