Google Chromeからワンタッチ起動 おすすめショートカットキーの設定方法(Gmail・Feedly・Google翻訳・Evernote Web Clipper)

IT

ネットを見るときには、Google Chromeを使っています。

そのChromeからGmailなどのツールをワンタッチで起動させるためにショートカットキーを使っています。その設定についてまとめてみました。

Chromeを利用するメリット

ネットを見るときにはGoogle Chromeをメインで使っています。

使わない日はありません。

Google Chromeを選んでいるのは、使いやすいということと、動きが速いという点です。

私の環境だと、同じChromeでもWindowsよりMacのChromeのほうが速い印象です。

ブックマークバーがあることで、いろいろなサービスへのアクセスもしやすくなっていますし、拡張機能でつかいやすくすることもできます。

たとえば、英語の文字ばかりが並んでいたら、何が書いてあるかさっぱりわからないのですが、Google翻訳の拡張機能をいれてあることで、

スクリーンショット 2020 06 17 16 27 51

翻訳ボタンをクリックして、

スクリーンショット 2020 06 17 16 27 14

ざっくりどんなことが書いてあるかが理解できています。

スクリーンショット 2020 06 17 16 28 05

このような機能をページを移動したり、コピペしないでも使えるのも、Chromeをつかうメリットです。

で、このGoogle翻訳を使うのにマウスでクリックしていると、画面の端までカーソルを移動させるのは、それなりに大変です。ディスプレイが大きいとなおのこと。

で、わたしは、先程のGoogle翻訳をショートカットキー(Ctrl+Command(⌘)+H)を設定して、使えるようにしています。

流れでは、…Ctrl+Command(⌘)+H→Tabキー→Tabキー→Enter。

ショートカットキーのよさはなんと言っても、速さ。トラックバッドなどでカーソルを動かさずにキー操作だけで起動させることができる点にあります。

GmailをChromeからワンタッチで起動する

Gmailも必要に応じて、Google Chromeからショートカットキーを使って、起動させています。

次のような設定をすることで、ショートカットキーをつかえるようにしています。

拡張機能「Google Mail Checker」

まずは拡張機能のGoogle Mail CheckerをChromeに追加します。

Google Mail Checker – Chrome ウェブストア

スクリーンショット 2020 06 17 16 46 29

Chromeのアドレスバーの横にアイコンが表示されれば、大丈夫です。

ショートカットキーの設定

次にChromeでショートカットキーの設定をします。

右上の「三」マークから、「その他ツール」→「拡張機能」を選び、

スクリーンショット 2020 06 17 15 24 00

今度は左上の「三」マークをクリック。

スクリーンショット 2020 06 17 17 02 33

表示されたキーボードショートカットをクリックします。

スクリーンショット 2020 06 17 17 00 18

すると、拡張機能のショートカットキーの設定画面が表示されて、じぶんで好きなショートカットキーを決めることができます。(なかには設定できても、使えないようなものもありますが)

スクリーンショット 2020 06 17 17 09 08

MacのChromeを使っているので、Gmailの起動は「Ctrl+Command(⌘)+G」にしていますがWindowsでもおなじことができます。

スクリーンショット 2020 06 17 17 09 20

これでChrome画面からショートカットキーをタッチすると、Gmailを開くことができるようになります。

スクリーンショット 2020 06 17 17 38 57

Gmail自体のショートカットキーも書いています。

Gmail デザイン新しくなったからついでにショートカットキーも使ってみない? | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

お好みでアイコン非表示に

未読の数字が表示されて気になる人もいるかと思いますが、通知が気になるようでしたら

スクリーンショット 2020 06 17 16 40 22

こちらはお好みで非表示にすることができます。わたしは非表示にしています。

スクリーンショット 2020 06 17 15 49 04

アイコンを表示したくなければ、アドレスバーの右端をドラッグすれば見えなくすることもできます。

こだわりのショートカットキーを設定してみよう

他のツールでもChromeの拡張機能があれば、設定することが可能です。

一例として、わたしはこういった設定をしています。もうちょっとありますが。

拡張機能 ショートカットキー
Gmail Ctrl(^)+Command(⌘)+G
Evernote Web Clipper Ctrl(^)+Command(⌘)+W
Follow Feed(Feedly登録) Ctrl(^)+Command(⌘)+F
Google翻訳 Ctrl(^)+Command(⌘)+H
Google Keep Ctrl(^)+Command(⌘)+K

Evernote Web Clipperには、起動するショートカットキーがあるのですが、こっちを使っています。

他のツールとショートカットキーがかぶることも心配されるところですが、Chrome専用のショートカットキーなので、もう少しタッチしやすい操作でもいいかもしれませんが一応。

(MacとWindowsでChromeを使っている場合はそれぞれで設定が必要です。)

これ以外で毎朝チェックするサイトには、Onetabという拡張機能を使っています。

Chromeは日々使うので、こうしたショートカットキーを使うことで、速く操作できるようになります。

Gmailは1日に3回しか使わないと言われれば確かにそうなのでしょうが、それでも毎日のことですから積み重なるものです。

ということで。ふだん、よく使う機能があれば、オリジナルのショートカットキーを設定してみましょう。Chromeがより使いやすくなるはずです。


【編集後記】
昨日は午後から打合せ。コロナウィルス対策の話などを中心に。その後にExcelの研究などを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
LINEカード申請
Amazonでとある部門に問合せ