早朝に身体を動かすことにしてわかった6つのコト

早起き

続けたいと思うことがあれば、朝にやってみる、というのはどうでしょうか。

わたしは朝の散歩を朝にやることに変えてみました。その効果など感じたことをお話します。

朝のタスクに散歩を入れてみた

最近、身体を動かす時間を変えてみました。

具体的にはこれまで夕方に散歩していたのを早朝にやることに変えてみました。

最近はコロナの影響もあって、家にいる時間も多くなり、運動不足は否めませんでした。

そこで散歩をしていたのですが、毎日やるのはやっぱりカンタンじゃありません。

夕方だとその日の予定で「きょうはいいや。」となってしまうこともありました。

これから夏に向かうにつれて暑くなってきます。それでも、身体のためにもこのまま散歩を続けたいと思ったのです。

夏でもなんでも問題もなく続けているという方もいるのでしょうが、その点、わたしはまだ揺れる想いです。じぶんに弱い…。

そこで、定着させるために朝に散歩することに変えてみたのですが、これがじぶんにはあっていると感じたのでネタにしてみた次第です。

朝に身体を動かすことのメリット・デメリット

朝に身体を動かすというのには、メリット・デメリットそれぞれあります。

つぎのようなものがあります。

(メリット)ほぼ実行できる 雨でなければ…

現在、朝のルーティンとしてやっていることには次のようなものがあります。

  • 起きてすぐ顔を洗う
  • 窓を開ける
  • inbox整理
  • 事務所の経理
  • 会社の経理
  • 家計簿
  • Evernote整理
  • タイピング
  • 各リストを見る
  • 体重測定+記録

などなど。これらはリストで管理していることもあり、毎日やっていることです。

ここに散歩を入れることになるのですが、1日の予定時間にもいれてあるので、実行はしやすくなります。

それに朝に太陽の光を浴びることは眠りにも効果があるとされています。

早めのランチをとったあとに使っておきたい「寝る」のスキル | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

ちなみに今朝は写真のように朝日の中でこなせましたが、この記事を執筆している夕方現在は雨もよう。

朝から大雨が降っていなければ、こなせる可能性は上がります。そうしたことも朝にやるメリットの1つです。

(メリット)人も車も少ない

朝、外に出ると人も車も少ないです。

今日だと4:44〜5:35という時間で散歩をしています。逆に人がいるほうが不思議なのですが。
コロナの状況もあり、人は少ないほうがいいかなというのもあります。

ただ、そんな時間でも道中、見知らぬ方とすれ違うことがあります。昨日はおばあさんでした。周りが静かなこともあり、それとなく挨拶をしたりと、朝からいい気持ちにもなれます。

もちろん、昼なら挨拶しないということではないでしょうが、なんとなくしやすい感じはあります。不思議と。

(メリット)シャワーからの支度の流れ

これまでは、家族で朝食をとってから、服を着たり…と支度をしていました。

朝、運動をすると、汗をかいたあとにそのままシャワーに直行。その流れで支度を済ませることができます。

そのあとに朝食をとりますから、快適さは上がりました。「いい感じだ」みたいな。

(デメリット)眠くなる

朝、歩くようになってから昼前や昼後に眠くなることがあります。

運動不足だといわれれば、それは否定のできないところではありますが。

そんなこともあり最近、睡眠の本を読んで研究をしたところです。

早めのランチをとったあとに使っておきたい「寝る」のスキル | GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

この場合、無理に仕事をしようとしないで、カフェインを少々とって、20分ほどの睡眠をとります。

これで起きた後は意外とシャキっとします。ただ、その影響もあり夜に寝るのは早くなりつつありますが。

昨日は21時ころに寝てましたが。

(デメリット)子どもとは一緒にできない

朝に身体を動かすということは、おのずとひとりで、になります。

子どもと一緒にはいくことはできません。

まぁ、夕方も子どものリクエストがあれば散歩すればいいのですが。

(デメリット)朝に考える仕事をやる時間は減る

朝起きてから、午前中の間にじっくり考えるような仕事をしていました。

この時間は減ることになります。

もちろん、運動しながら考えることもできるのですが、できることは限られますし、時間に限りがある以上は、何かをやろうと思えば何かを失うというのは、仕方ありません。

それよりも続けたいと思うことがあっただけの話です。

やりたいことは天引き方式で

1日に使える時間には限りがありますので、なにをやるか?というのはよくかんがえる必要があります。

ただ、続けたいと思うことがあれば、あらかじめタスク管理などで1日のスケジュールをきめておき、時間を天引きしておくというのはおすすめです。

これまでもプログラミングなど、やってみたいと思うことは朝に少しずつやってきました。

やることを変えるのは、気分転換にもなりますし。

ただ、普通に考えると、やりたいことは増えていくので、やることを減らしたりとかやめたりといったコントロールも必要になります。

ということで、もし、やりたいことがあれば、朝にやってみるというのはいかがでしょうか。必ずしも早朝でなくてもいいとは思いますが。


【編集後記】
昨日は法人の決算を中心に、翌日の打合せの資料準備などでした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
じぶんの会社の住民税納付をeLTAXで