人にお願いするのが苦手なワタシが選んでいる道

フリーランス

人にお願いするのが苦手でもなんとかなります。

苦手なことをあきらめて私が選んだのは、人にお願いしなくてもいい。ひとりです。

人に仕事をお願いすることが得意じゃない

昔から誰かに仕事をお願いするのは得意ではありません。

独立前は、担当の仕事の一部をお願いすることはありましたが、なんだか自分のやりたくない仕事をお願いしているような気がしてしまい…。(そうでなくても)

気になってしまうことが多かったです。

上手にお願いしていた人はいましたが、私はそうではなかったですね。

独立したとき、ブレたのもそこで、人にお願いすることが苦手だということもあり、人に「ある程度収入が増えたら人を雇えばいいから。」と言われても、やっぱり人を雇おうとは思えなかったのです。

もし、世の中の流れのままに人を雇っていたら、平日に旅行に行こうと思っても気になっていたでしょう。

結局、人を雇うことが向いていないということです。

ただ、そういう性格でも、現在はそういったストレスを抱えることは無くなりました。

ひとりで仕事をすることもできるとわかったからです。

「ひとりでしごと」を選ぶとハッキリする

世の中でも、マイナスイメージだった「ひとり」(今もか…。)

ただ、ひとりだからといって仕事ができないといえばそういうわけでもありません。むしろ「ひとりだったから」が決め手になることもあります。

それに組織だとしても、結局のところ、仕事をするのは担当者と社長など、個が前提だったりします。

確かにひとりだと手数は足りませんので、量はこなせません。

その分、諦めるべきところは、スッパリと諦められます。

やるべき仕事と、そうでないことがハッキリするので、それはそれでいいところでもあります。

ひとりでもお願いする・相談する場面はある

ひとりでもお願いする場面はありますし、相談する場面もあります。ただ、お願いしたり、相談してストレスを抱えるようなことはありません。

ITにお願いする

人にお願いできないことをITにお願いしています。

  • 預金データを連携してもらう(クラウド会計)
  • Excelデータを仕訳データに変換してもらう(Excelマクロ)
  • 自動(RPA)で税務ソフトに入力してもらう(RPA)
  • ゆうびんを出してもらう(Webゆうびん)

幸いにもこれまでお願いした仕事で、文句を言われたことは一度としてありません。(当たり前ですが…)

お願いすることで気になることもありません。

ただ、お願いする内容を少しでも間違えると、正しく処理してくれないわけですが、これは明らかにじぶんの指示が間違っているからと明確です。

うまく伝えられない、うまく動いてくれないことも多く何度も伝え直すこともありますが、キチンと伝えることができれば相当な戦力です。

きちんとお願いするための、スキルアップは日々必要になります。

本の著者に相談する

ちょっとしたことで考え方を聴かせて欲しいとお願いしようと思っても、人がいないということは、相談もできません。

でも、本があれば、著者に「相談に乗って欲しいんだけど。」とお願いすることもできます。

壁にぶち当たったとき、本を開けばヒントを教えてくれて、それをきっかけに道が開けることもあります。

最近もやっぱり本にヒントをもらっています。何度も見返す本もあります。

ワンポイントで相談する

何でもかんでもひとりで解決できればいいのですが、そうでないこともあるでしょう。

組織なら上司や職場のメンバーに相談すればいいのでしょうが、ひとりなのでアドバイスをもらえるということもありません。

本でわからないことがあれば、お金を払って人に相談してみるという手があります。

セミナーに参加して聞きたいことを質問してみる。コンサルティングを受けてみるなどです。

いざ外の世界に耳を傾けてみると。具体的なアドバイスや実体験がわかってとても参考になることも多いです。

もちろん、決めるのは自分ですが、その大きなヒントにはなります。

ネットで発信している人も多くそのような情報にも参考になるものはあります。(誰が…のところは大事でしょうが。)

私もこれまでにじぶんのやりたいこと、気になることがあれば、セミナーに参加したり、コンサルティングを受けるようにしています。

独立して4年。わかったことは、人を雇わなくても人に相談したり、頼る方法はいろいろあるということです。

現在のように人を雇わずに、ゆるーいつながりを持つという方がじぶんにはあっているかなと。

歳をとったときにどうするか?は少しずつ考えておかないといけませんが。


【編集後記】
昨日はお客様と打合せでした。月次や持続化給付金のサポートなど。昨日の起床は4:21。じぶんの部屋に行こうとしたら、突然、長男(5)が「なにー?」といって寝ぼけて追いかけてきました。部屋が真っ暗の中でしたので、かなりびっくりしました。すぐに寝てくれましたが…。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
STAR CURRY and CAFE ベジカレー