ひとりしごとだからこそ必要な経理 数字を見ているから気づける

フリーランス

毎月1日に数字をまとめるようにしています。ひとりで仕事をしているからこそ、数字を見ておきたいです。

ひとりしごとをするフリーランスの方向けに、数字を見てやっていることをまとめてみました。

毎月1日に数字をまとめる

毎月1日には、前月の数字を確認するようにしています。

経理自体は毎日やっているのですが、利益をチェックしたり、お金が増えそうか?減りそうか?未入金がないか?といったことをチェックするわけです。

あとは、年末までの売上や利益(所得)というのもわかるようにしていて、

年明けに払う税金がどのくらいになりそうか?

資金繰りは大丈夫そうか?

前年と比べてどうなの?

などといったことを確認して振り返っています。そして反省も。

規模が小さいのに、そこまで確認する必要あるの?と思うかもしれません。

でも、それは逆で、規模が小さいからこそ余計にやらないといけないことだと感じています。

数字を見ないとわかるのは通帳残高くらいのもの。

  • 利益が出ている?
  • 資金繰りは大丈夫?
  • 前年と比べてどうなの?

といったことは、全体が見えていないとなかなか気付けません。

組織と違って、相談できる仲間がいない以上、自分で判断するしかなく、だからこそ数字を見ておくことは欠かせません。

これまでに数字を見て決めたこと

実際にこれまで数字を見て判断してきたこともあります。

独立するときから現在のスタイルに変えるまでに色々手を入れましたが、数字を見て判断できたことです。

いろいろありますが、印象深いものを3つあげてみました。

いくら借りるか?

独立してからも数字を見ていますが、独立するときにも数字を見ていました。

いわゆる事業計画です。

一応、数字を使って利益計画や収支計画をつくっていました。売上や経費の見込み額を入れていって、いつくらいに利益が出せるようになるか?

さらに営業用の車も買いましたし、当初は事務所も借りていたので、その敷金や仲介料など、お金はそれなりに出て行くこともわかっています。

数字を見て利益がマイナスになるところは、お金が減っていくことが予想されます。

その結果、それをカバーするために売上がどのくらい必要か?なんてのもざっくりわかります。

数字を並べてみた結果、いくら借りておくか?も決めることができました。

お金がなくなってきてからでは遅く、先手を打つには、やはり数字で確認してみることが大事です。

税務ソフトを変えるか?

独立当初、どこかで人を雇うかもと思って、税務ソフトも複数人用のプランを契約しました。

人を雇ってから、複数人契約をすればよかったのですが、年契約で途中での変更はできないと言われ、仕方なく。

ただ、1年経っても雇うことなく、売上と経費がそれぞれいくらか?を数字を見て振り返る中で、税務ソフトを変えることにしました。

税務ソフトが違っても、お客様には何も影響しません。コストの低いものに変えました。

実際、機能的に大きく劣るということもないですし、利用料は当時の半額程度になっています。

とはいえ、これには、人を雇うのか?雇わないか?を最初にハッキリと決めていればよかったという反省点もあるわけですが、独立の当初から決められることなんてあまりないかと。

数字を見て、自分の方向性にもなんとか気づけたということです。

事務所を移転するか?

事務所を借りるのも、数字を見てやめたことです。

事務所を借りることでの賃料もそれなりの金額でしたが、貸借対照表を見たときに敷金として入れているお金が大きくて気になりました。

その後、退去することに。支払う家賃はなくなり、敷金の大部分をお金に戻すことができました。

ただ、この話にはオチがあって、敷金返還の入金予定日になっても入金がなく、あわてて管理会社に問合せたところ、担当者がずーっと休みで、書類が机の上に置いたままで処理が止まっていました。

当然、資金繰りは冷や汗ものでしたが、今となってはいい思い出です。

早く判断できるようにするには?

数字をみて判断できたのは、経理を毎日やっていたからです。

経理をしていなかったら、売上や経費、利益のバランスがわかりません。

日々経理をしていれば、じぶんの仕事の現在地も数字でわかりますし、経理をためてしまうストレスもありません。

あとは、少しでも早く判断ができるように、新しい仕事があるとわかったら、翌朝に経理に反映させています。

そのほうが、「これから先」がよりわかりやすくなるからです。

慣れないうちはExcelで管理しておくのもおすすめです。

ざっくりなのですが、これでも判断材料としては十分に活用できます。

仕事をするなら経理と向き合う覚悟も必要です。せっかくなら数字も見ていきましょう。


【編集後記】
昨日は調べものをしたり、じぶんの経理を中心に。あとはお問合せの対応という1日でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
MF税区分一括修正
ガリガリ君リッチ たまごやき
8%軽減税率の商品を購入
キャッシュレス還元