ペーパレス入門に最適 iPad Pro+Apple Pencilがおすすめな理由5選

iPad Pro

ひとりしごとでは、教える、チェックするというスキルも欠かせません。

そのスキルを出すツールに、iPad Proを使っています。

使った紙の多さに驚愕した日

税理士として独立した年、驚いたことがありました。

それは、じぶんの使っていた紙の多さです。

ひとりでしごとをしている以上、自分がつくった申告書や資料、チェックするのは他の誰でもない自分。

画面でチェックできればいいのですが、それだと、パッと全体を確認できないことも多く、紙で出力した後に間違いに気づくこともありました。

その結果、想定外の紙の使用量になってしまったというわけです。

手帳といい、チェックといい、紙を効率よく使うのはどうも苦手なようで…。

勤務していた頃は何気なく使っていた紙ですが、独立当初、ようやくそんなところにも意識が芽生えました。

そんな中、救世主として登場したのがiPad Pro。

iPad+Apple Pencilを使い始めてから、紙を買う量が思いっきり減りました。

2019年9月6日現在、相続税の申告が紙提出なので、ゼロではありませんが、それでも大きな成果でした。

iPadが必要かどうか?はよく耳にするところですが、私には欠かせない戦力です。

Mac(PC)とは、また役割が違ったものです。

iPadでペーパレス」お気に入りポイント5選

現在使っているのが、iPad Pro11インチ。32GB、wi-fi版です。

無線LANがあるところでしか使えませんがこれで充分です。

使っていて便利なポイントは次のようなところです。

画面が大きくてPCより軽い

iPadのいいところといえば、画面の大きさです。

現在使っているMacbook Proも13インチですが、画面の向きを変えられないのがデメリット。

縦向きで見たいときもあり、iPadはその点、柔軟です。

iPhoneはコンパクト過ぎて、ズームしないと見えない場合もあります。

今使っているiPadは11インチ。64GBのwi-fi対応です。

 

12.9インチもあり、確かに画面の大きさは魅力なのですが、持ち運ぶことが多いのでちょっと軽めの11インチを選んでいます。

Apple Pencilで書き込みができる

Apple Pencilを使うとiPadに書き込むことができます。

私もiPadを買った大きな理由の1つがこれです。

自分が作った資料をチェックしたいとき、Apple Pencilを使ってチェックできるのです。

以前は申告書をつくったら、プリントアウトしてチェックしていたのですが、今は、iPadにPDFファイルで出力してチェックしたり、書き込んだりしています。

お客様に説明するときに、iPadに書き込みながら…というケースも。そのままファイルでお渡しもできます。

雑誌をいいサイズで読める

仕事には、インプットも必要で、雑誌を読んだりします。ただ、雑誌はKindleと違って、文字のサイズが変わらないので、iPhoneでは読みにくく、iPad Proで読んでいます。

IMG 0526

こういう雑誌は楽天マガジンで読んでいます。

IMG 0527
楽天マガジン
無料
(2019.09.06時点)
posted with ポチレバ

Kindleの本も読みやすいです。

IMG 0409 2

どれもiPad Proでちょうどいいサイズです。

スキャン

お客様からの資料は、できるだけ預からないで、スキャンしてもらっていきます。

iPad ProでScannableというアプリを使ってスキャンします。

iPad Proだと画面が大きいのでスキャンもしやすいです。

ただ、使いやすさはiPhoneもまったく遜色ありません。

Evernote Scannable

無料
(2019.09.06時点)
posted with ポチレバ

ディスプレイとしても使える

外では、ディスプレイがないのですが、このiPad Proを変わりにすることもできます。

今はDuetDisplay(USB-cなどの接続が必要)というアプリを使っていますが、秋頃にiPadOSが公開されると「SideCar」(無線)という機能を使えるようになります。
(パブリックベータ版がすでに先行公開されていますが、利用は自己責任です。)

Apple Beta Software Program

ディスプレイと言わずとも、画面に表示させるだけでも十分だったりします。

たった1年でiPad Pro11インチに買い替えた理由

iPad Proには、オプションでSmart Keyboard Folio(キーボード付きカバー)をつけることができます。

「もうPCはいらなくなる」と言われることもありますが、さすがにそこまでではないかなと。

Macじゃないとできないこともたくさんあって、キーボードがあってもPCとしての操作性は全然違います。

iPadにはiPadの役割があり、PCでやりにくいことをiPadでできる、という感じです。

もともと、iPad Pro9.7インチを持っていましたが、1年そこそこで現在のiPad Pro11インチに買い替えました。

「そんな持っているのに買う必要あるの?」と思うかもしれません。

機能的にはマイナーチェンジでしたが、その使いやすさは前作9.7インチを大きく超えるものです。

Apple Pencilの充電はiPad Proにくっつけて充電するので、楽になりましたし、(9.7インチはキャップを外して、端子にさしていた)

充電、それまでのLightningでは「まだか…」と感じていたものから、USB-Cになったことで充電がはやく、ストレスは感じることもなくなりました。

そして、これができるのは、現在iPad Proだけです。(のはず)

少々値段はしますが、投資する価値はあります。買ったときより2〜3万円安くなっています。

iPadは、ペーパレスに、見る、読む、そして書くと三拍子そろったおすすめツール。

もちろん、Pro以外のiPadでもペーパレスはできます。仕事でペーパレスにやってみたいという方は参考にしていただければ。


【編集後記】
昨日は相続税申告の土地評価を中心に。夕方からは友人のとある行事に参加するために外出でした。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある場所
BenQ EW3270U