フリーランス(青色申告)は2020年(令和2年)分からe-tax(電子申告)で確定申告すれば節税に

フリーランス

2020年(令和2年)分でフリーランスの確定申告が変わります。節税になるケースが出てきます。

そのカギを握っているのは電子申告(e-tax)です。

2020年分からフリーランスの確定申告が変わる

少し先の話ですが、2020年分の確定申告(申告期限:2021年3月15日期限)から、フリーランスの確定申告が変わろうとしています。

結論から言うと、「青色申告特別控除」(ココです。↓)、お金の支払いなしに所得(売上ー必要経費)から引けるいわゆる「65万円控除」
スクリーンショット 2019 06 24 11 40 36

これが減ります。

スクリーンショット 2019 06 24 09 11 24

これまでは最大65万円を所得から引けていたのですが、2020年分からは最大55万円になり、控除額は10万円減ってしまいます。

と、ここだけ見るとフリーランスにとっては、増税になる流れです。

ただ、その穴埋めというか、その一方で増える控除もあります。それが基礎控除と言われる誰にでもある控除です。

この部分ですね。

スクリーンショット 2019 06 24 09 21 41

この基礎控除額がこれまで一律38万円だったのですが、2020年分の確定申告から48万円に変更されます。

スクリーンショット 2019 06 24 09 31 03

 

補足
基礎控除額は所得(利益)が大きい場合には、制限があります。合計所得が2,400万円を超えると、48
万円→32万円になり、以下さらに16万円に減り、2,500万円を超えるとゼロになります。

青色申告特別控除額が減った分は、基礎控除額の方で調整されているというわけです。

結局、青色申告特別控除と基礎控除の両方を足すとこういうことになります。

スクリーンショット 2019 06 24 09 26 17

合計すると、どちらも103万円。

内訳が変わるのみで、変化はないということになります。(青色申告特別控除の10万円控除の方はこれまで通り)

フリーランスの節税 カギを握るのは電子申告(e-tax)

ただ、この話には、続きがあります。

フリーランスの場合、青色申告特別控除額が、条件付きでさらに10万円増えます。これまで通り65万円を引けるのです。

スクリーンショット 2019 06 24 09 57 24

これがフリーランスにとっては、節税になります。

ただ、こういったうまい話には、だいたい条件がついてきます。

その条件というのが、次の2つのどちらかをクリアすることです。

 

青色申告特別控除額を65万円にするには?
  1. 確定申告期限までにe-taxで電子申告する
  2. 申請して、会計データを電子保存する

②は少々、壁が高いので、①で考えてみると、つまりこういうことになります。

  • 確定申告を紙で提出     →   +10万円なし
  • e-tax(電子申告)で提出 →    +10万円あり

誤解のないようにお伝えしておくと、所得税が10万円安くなるのではなく、10万円に税率をかけた金額だけが安くなるということです。

所得400万円(青色申告特別控除の+10万円、国保と年金の社会保険料控除と基礎控除のみ考慮)でこの10万円の影響を計算してみると、国保(大府市で計算)まで含めて年間27,000円ほど。

でもこれが10年続けば…なかなか大きな金額になります。

青色申告特別控除は、お金がいらない節税。

ネットで確定申告をするだけで、節税になるわけですから、やらない手はないでしょう。

それと、青色申告特別控除の65万円控除を受けるには、確定申告期限までに申告する必要があります。

期限後になると、65万円控除を受けることができずに10万円だけになってしまいますのでこれは要注意。

ただ、これは今でも変わりませんが。

2019年(令和元年)分 次の確定申告で電子申告をやってみる

もし、確定申告書を紙で提出している場合、2020年分からの前述の節税はできないということになります。

そこで、次回の2019年分の確定申告(2020年3月15日期限)から、電子申告をやってみるのがおすすめです。

電子申告をするには、現状、マイナンバーカードを使うものと、ID・パスワード方式がありますが、ID・パスワード方式はメールボックスにカギがかかって見ることができない情報があり、おすすめはマイナンバーカードを使った電子申告です。

それには、カードリーダーが必要です。

私が使っているのは、Amazonだとどういうわけか高いのですが、安いのは2,000円切っているものもあります。

注意点として、マイナンバーカードの発行には、1ヶ月くらいかかります。

なので、年が明けてからあわてて発行手続きを…というのは、おすすめしません。

マイナンバーカードの発行手続きを市区町村が手伝ってくれるケースもあります。(大府市は予約制で写真撮影から発行まで手伝ってくれます。2019年9月27日まで)

あと、Macでも電子申告はできるようになっていますので、環境は以前に比べれば整ってきているかと。

2018年分(平成30年分)の確定申告ではMacが使える「確定申告書等作成コーナー」で電子申告 | GO for IT 


【編集後記】
昨日は1日オフ。ここ2日間外出していたので近所でおとなしくしていました。読書したり、ブログ書いたりなどなど。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とある申し込み


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク