会社の株価は気づいたときにはびっくりするほど増えている その傾向と対策

会社

スポンサードリンク




会社をつくっているなら、一定期間過ぎたら株価はチェックしておきたいところです。

誰も買ってくれない会社の株式ですが、それにもかかわらず株価は動くからです。

会社と個人は別々のようで一体

税金の世界では、会社と社長個人をハッキリと分けています。

会社は法人税、社長は所得税とかかる税金が違います。

社長が会社に車を売るとなれば、名義変更をしますし、もちろん、会社の預金口座と社長の預金口座の名義も別々です。

だから、会社の売上を社長の個人通帳に入れていると、税務署に「隠しただろ?」と言われることも。(これはやったらダメなやつです)

「じゃあ、会社が払う社会保険料のお金は?」

というと、社長が会社のお金を準備することになりますし、会社が利益を出すのにも、その判断は社長個人がするわけです。

(会社が自分で判断して準備してくれればいいのですが、そうもいかず)

結局、別々といえど実体としては一体、というのが中小企業なのですが、取引は別人という扱いです。

会社が動くと社長の方で何かが動いている

会社と社長個人が取引をすると、当然にそれぞれ影響があります。

  • 会社が役員報酬を払えば経費に、社長個人は収入に
  • 社長個人が土地を貸せば、会社が払う賃料は経費に

といった感じで、一方では収入に、もう一方では経費にすることになります。

さらに、会社が社長個人からお金を借りれば借入金、社長個人は貸付金になるわけですが、この貸付金は、会社からお金を返してもらえるという権利で、相続財産になります。

では、会社が年々利益を上げ、純資産が増えると会社の健康状態(貸借対照表)も年々よくなっていくわけですが、これって社長個人に何か影響があるのでしょうか?

結論から言うと、社長個人に前述のような直接的な影響があるわけじゃありません。

でも、会社が利益を上げて、純資産を増えていくと、その裏で会社の株価がじわりじわりと上がっています。

補足
目に見えないのに価値があるというのは、どうも納得できないと思うかもしれませんが、株式には議決権や配当をもらえる権利があり、財産価値もあるものとされています。今や配当を出す中小企業はほとんどないのでしょうが。

どうして売れない株価は動くのか?

中小企業の株は、上場株式と違って市場があるわけじゃありません。

だから時価があるわけでもなく、決められたルールで評価して時価を出しています。

かんたんにいえば、決算書の過去の数値などをもとに計算しているわけです。

特に毎年動きがある利益、純資産と配当、貸借対照表の資産の時価(相続税評価額)などはチェックしておきたいところ。

例えば、資本金800万円でつくった会社、株価評価してみると、評価額が2,000万円以上になっているなんてこともある話です。

こうして、2,000万円、3,000万円の売れない相続財産が誕生!

結果、事業承継で移していくのも、それなりに時間も負担がかかることに。

ただ、株式会社をつくっている以上は、経営を続けていく必要がありますし、株価の値上がりもある程度は避けられないことです。

ただ、それでもできることはあり、だからこそ定期的に株価をチェックしておいた方がいいわけです。

ある程度年数が経った会社であれば、会社の決算が近くなったら株価のこと、配当、利益、純資産、それから貸借対照表に載っている資産の時価(評価額)などを気にしてみましょう。

事業承継で移転するには、株価のチェックは欠かせません。

補足
納税猶予というのもありますが、どこで爆発するかわからないので、それ以外の方法で検討する主義です。

とはいえ、ややこしいルールが色々あるので、わからないことはひとまず税理士に相談してみるといいかと。


【編集後記】
昨日は午前中にお客様のところで打合せした後、午後に別のお客様と事業承継の打合せ。朝、長男(4)を幼稚園に送ったら、玄関前で突然、私の足にしがみついてギャン泣きでした。最後は先生が引き取ってくれましたが。春休みがあったこと、新しいクラスで最近さみしくなりがちのようで。普段からそれくらい来てくれるとうれしいのですが、「おかあさん!、おかあさん!」なので。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
浅草食堂


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。

相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。
スポンサードリンク