「会社の株式をどうするか?」を早めに考えないといけない3つのワケ

相続税

相続税を考えた場合に、何よりも対策しておきたい財産の1つは会社の株式。

まずは社長には相続財産になるということを知ってもらわないといけません。

会社の株が財産? 「??見たことないよ」

確定申告の時期です。

特定口座を持っていれば、株の売却や配当を確定申告するというのが通常です。

この特定口座では、上場している会社の株式を売ったり、配当をもらったりと市場で取引された結果が口座に集約されたものです。

一方で、世の中のほとんどは上場していない会社。中小企業です。

その中小企業の株には、上場企業の株と違って、ちょっとやっかいな点がいくつかあります。

そのうちの1つは、値段(評価額)。

上場株なら誰が持っていても、時価は同じ。

ところが、中小企業の株式は、誰が持っているかで値段が変わります。

例えば、社長が持っている場合と社員が持っている場合とでは、ずいぶんと値段が違うのです。

「会社の株式をどうするか?」を考えないといけない3つのワケ

そんな中小企業の株式。何もしないで相続を迎えると、売れない株が財産となるわけで、相続税が多くなることもあります

「そのとき払えるか…?」です。

だから、まずは社長に中小企業の株のことを知ってもらわないといけません。

次のような理由からです。

<理由1>株は見えないから…

社長に聞くと、「株なんてないよ」と言われることがあります。

ほとんどの中小企業には、株がありません。発行しないことが認められているのです。

本当に一部の会社では、株券を発行することになっています。(会社の謄本を見るとわかります。)

通常は見えないので、不動産とちがってモノとして認識されることはありませんし、会社の業績がよくなって株価が上がっていてもそのことに社長は気づかないのです。

見えないのに、「ある」ということを知ってもらわないといけません。

<理由2>株は売れないから…

中小企業の株、最大の特徴。

売れません。このご時世、配当する中小企業は少ないですし、株主にとってもメリットが感じられません。

結果として、中小企業の株は、売るところがないのです。(回収できるかもわかりませんし…)

 

私もセミナーでは、ネタで「うちの会社の株買ってくれませんか?」って何度も聞いてきましたが、「買うよ。」という方はいまだに現れません。

 

(うちの会社は設立1年ちょいで、吹けば飛ぶ会社、当然といえば当然です。)

中小企業の株は、見えないし、配当もないから価値も感じてもらえず、よほどの会社でなければ売れません。

売れないから、どこにどうやって動かすかを考えてもらわないといけません。

<理由3>見えない、売れないのに財産価値があるから

そんな売れない、見えない中小企業の株。そのまま持っているしかない??

ところがこの中小企業の株、相続税の世界では、財産価値があるものとされているのです。

 

相続があった場合、上場株式なら

 

売ってお金に変える→納税資金にする

というのができますが、中小企業の株は基本、それができません。

補足
会社に自己株式として取得してもらって、お金に変えるというのはできます。会社がそのお金を準備できているかどうかです。

売れない株が財産価値がある、業績がいいほど価値が高くなることを知ってもらわないといけません。

できるだけ早めに対策するのがいい

会社の株が売れないのに、財産になるということは…

預金がそれほどないのに、相続財産の大半がじぶんの会社の株式ということもあり得るわけです。

そして、この株が財産になる理由は議決権です。後継者に株を持ってもらう必要があります。

株式会社である以上、事業を続けるなら、「見えない、売れない株式」とはずっと付き合っていく必要があります。

それだけに

  • 誰が株を引き継ぐか?
  • どうやって移す?
  • どうやって整理する?
  • 株価はいくらなの?

といったことは、考えておくべきですし、早めにお伝えするようにしています。

 

気付いたときには、ずいぶん時間が経っていて、状況が大きく変わっているということも少なくありません。

 

高度なワザはいろいろありますが、基本的なこと(暦年贈与など)をコツコツやれば、何とかできることも多いです。

見えないモノをあげたり、もらったり。売ったり、買ったりというのは、やっぱり変な感じではあるのですが…。

 


【編集後記】
昨日は午前中に友人の床屋でカット。ランチ近くにあるツートップの一角、江楽へ。おすすめの天津飯を食べました。午後から法人の決算期変更の手続きなどを。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
江楽 チーズベーコンふんわり天津飯


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。