「売上を増やす」より「利益を増やす」ことを考える

経理のコツ

スポンサードリンク




事業を続けるには、売上より利益を出すべきです。

数字はざっくり押さえる

世の中では「年商○円」と、売上で評価されがちです。

確かに売上を増やすことは、事業を続けるためにもある程度は必要です。

特に独立したばかりの状態で、売上がゼロからのスタートであれば、まずは売上を増やすことから始めますし。

ただ、とにかく売上を増やせばいいかというとそうでもありません。

大事なのは利益。

まず、利益がないとお金は増えませんし、銀行からお金を借りるのにも利益が必要です。

 

お金のもとになる利益が出ていないと、銀行からは「貸しても返してもらえない」と判断されてしまいます。

売上が増えたとしても、その分売上を増やすために経費が増えてしまっては、結果として利益が減ってしまうこともあるわけです。

これでは本末転倒です。

逆に言えば、売上がそれほど大きくなくても、経費がその分少なければ利益を出すことも可能な訳です。

私が目指しているのはこっちです。

利益を出すには数字を見ることから

どういうスタイルで利益を出すか?を考える場合、やはり数字を見ることが欠かせません。

まずは現状を知ることからです。

「利益が出ているか?」

「どのくらいお金があるか?足りるか?」

「返済は毎月いくらしているか?」

「資金繰りに問題はないか?」

「利益をさらに出すためには?」

定期的に経理をしていないと、こういう情報を知りたくてもわかりません。

そんな中で売上を増やすことだけ考えていても、気づいたら経費をたくさん使っていたなんてこともあるわけです。

だからこそ、数字を見えるようにしておく必要があり、そのために毎日、経理することがおすすめです。

毎日経理をすれば、経理にかける時間はわずかです。

数字を見るためにやっておきたいこと

その年、その月の数字を見ていてもよくわからないという場合には、次のようなことをやってみましょう。

  • 前年と比べてみる
  • 前月と比べてみる
  • グラフやイメージ図にしてみる

実績をもとに、前年や前月と比べて何が増えたか?何が減ったか?

グラフで見ると、どんな傾向があるか?

グラフにしてみたりと、違う角度から見てみると、またわかることがあります。

そして、これからどうする?を考えるのにも、数字を使うことは欠かせません。

損益分岐点は4つある 利益感度分析でどこから手をつけるかを考えてみよう

2016年12月13日

貸借対照表のイメージ図をExcelで作ってみた 前期以前と比較すれば見えてくることがある

2016年10月8日

キャッシュフロー計算書をグラフにしてお金の動きをざっくりつかんでみる

2017年3月11日

逆算で考えると効率がいい 事業計画、売上目標、フリーキャッシュフローにも使える

2016年8月14日

 


【編集後記】
昨日は今月申告の会社の決算を完了。長男(3)とドラゴンボール超の映画を見に行く約束をしました。長男(3)はこれが映画デビュー、私も子どもと2人だけで映画を見に行くのはこれが初。内容は間違いないと思うのですが、2時間弱の時間、じっとできるのかが映画とともに個人的な見どころ。当の本人はテンションMAXです。作戦としてまずはトイレには先に行っておこうかと。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
とあるサービス解約


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク