お金を贈与したいなら 12月と1月どっちにする?

贈与税

スポンサードリンク




お金を贈与するなら12月か1月か?

基礎控除額を考えると、12月に贈与するのも1つです。

贈与税がかからないのはいくらまで?

財産を贈与すると、その財産の金額によっては贈与税がかかります。

贈与するものは、お金、不動産、上場株式など特に種類は問いません。

ただ、不動産を贈与する場合には、不動産取得税などの移転コストがかかることを考えると、かんたんでおすすめなのはお金です。

 

お金は振込みして、贈与契約書も用意しておきましょう。

 

では、どのくらいの財産を贈与すると、贈与税はかかるのでしょうか?

贈与税には基礎控除額というものがあり、それが年間(1/1〜12/31まで)で110万円。

毎年の贈与について、この110万円を超えなければ、贈与税はかかりません。

 

税金を払って贈与するという選択肢もあります。

「贈与税は高いのになぜ払うか?」を知りたければ東京に行ってみる

2018年3月28日

 

たかが110万円されど110万円

この基礎控除額の110万円。

1年だけで見るとわずかに110万円です。

 

でも、10年というスパンで考えると累計で1,100万円ですし、20年では累計2,200万円。

なかなかの額になります。

 

さらに1年に2人に贈与すると、もらう人それぞれが基礎控除額110万円で合計220万円、3人に贈与すると、基礎控除額はそれぞれで110万円となり、合計330万円です。

 

1人、1年あたりの基礎控除額とすると、少ないですが、こんな風に組み合わせて考えると、基礎控除額、実は貴重だったりします。

贈与するなら12月か?1月か?

今年の12月と来年1月。

わずかに1ヶ月違うだけですが、この場合の基礎控除額もそれぞれ110万円あるわけです。

 

この12月。

年初の早いうちに贈与しておくという考えもありますが、

贈与をするならできるだけ年の早いうちがいい 生前贈与加算というブーメラン

2017年3月15日

 

「贈与したいものがないかどうか?」

「誰に贈与するか?」

 

というのを考えてみるのにはいい機会だったりします。

 

例えば、自分の会社の株を贈与したいというなら、早めに移転し始めるのがおすすめです。

 

もし、12月に贈与をするなら、もし基礎控除額110万円を超えて申告が必要となる場合、申告期限は2019年3月15日となります。

中小企業の株式は売れないのに相続財産になるからややこしい 対策はお早めに

2017年8月30日

 

あ、申告するのはもらった人です。

『いくら贈与すればいいのか?』をExcelで計算 相続税→贈与税・VLOOKUP関数

2018年9月6日

1年間で220万円の贈与をしても贈与税かからない? 

2017年11月21日

【編集後記】
昨日はオフ。午前中に長男(3)の幼稚園の生活発表会でした。家ではセリフも大丈夫そうな感じでしたが、いざ本番。りす役で登場したとき、泣くのをこらえているまさかの展開にこっちまでやばかったです。でも泣かずに頑張ってました。長女(10)の時もそうでしたがこういうのはやっぱ感動モノです。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
長男(3)の生活発表会
PINEDE 東浦店


相続税申告・ひとりしごとをサポートします 植村豪税理士事務所

相続や贈与のことでお悩みの方、「決算書の数字が読めない」、「資金繰りを改善したい」、「クラウド会計を使ってみたい」というひとり社長やフリーランスの方のサポートに力を入れています。


スポンサードリンク