ピボットテーブルのクロス集計パターン スライサーとタイムラインを使ってみる

Excel

ピボットテーブルを使えば、店舗別の集計はラクになります。

ピボットテーブルなら商品別×店舗別の売上も一瞬で

データがあるなら是非使っておきたいです。

ピボットテーブルでクロス集計を

売上のデータがあるならば、是非使っておきたいピボットテーブル。

ピボットテーブルであればクロス集計が一瞬でできてしまいます。

クロス集計とは、冒頭の写真のようなもの。

このピボットテーブル、売上の分析などに使ってみるのはおすすめ。

会計ソフトでは、部門別まではわかるかもしれませんが、商品別で分析したいということであれば、会計ソフトでは難しい。

いろんな角度からかんたんに集計できるのが、ピボットテーブルの良さです。

テーブル→ピボットテーブル

ピボットテーブルでクロス集計する前に確認しておきたいのは、データをキレイにしておくこと。

システムからダウンロードしたデータであれば、大抵は大丈夫そうな気がしますが、念のため。

マスターで同じ項目なのに、半角と全角の表記が存在するなどであれば、別々の扱いになってしまいます。

そうならないように、そういったものがあれば、データをCtrl+Hで置換えするなどして、キレイにしておきましょう。

その上で、次のようにやってみましょう。

補足
以下はExcel2016を前提とした説明です。

①  データをテーブル化する

売上のデータをテーブルにしておきましょう。Ctrl+Tで設定可能です。

テーブル設定後の売上データはこんな感じ。

②  ピボットテーブルをつくる

ピボットテーブルをつくってみましょう。「Alt」+「N」+「V」+「Enter」でできます。

クイックアクセスツールバーでピボットテーブルを使えるようにしていると操作が少なくて便利です。

(私の場合には「Alt」+「2」です。)

Excel操作を早くするためには「クイックアクセスツールバー」がおすすめ

そうすると、別シートでこういった画面に切り替わり、

例えば、右側のフィールド作業ウィンドウで次のような設定すれば、

  • 行に「販売地区」→「商品名」
  • 値に「数量」と「金額」

左側にピボットテーブルが表示されます。そんなに難しくありません。

また、行には集計したい順番で設定をしていくので、行の順番を項目をドラッグして

  • 行に「商品名」→「販売地区」
  • 値に「数量」と「金額」

とすれば、こういったピボットテーブルになります。

この辺りはどういったデータを求めているかですね。

ピボットテーブルについては、以前にも記事にしています。

店舗別売上の集計はExcelのピボットテーブルが便利 いろんな角度からの集計が一瞬でできる

ピボットテーブルでできること

ピボットテーブルでできることは、まだまだあります。

そのうちいくつかをここで紹介します。

独自の集計を増やすことができる

例えば、税込金額を表示させたいなら、集計フィールドを使って独自の集計をすることができます。

分析タブ→集計フィールドをクリック、

名前と数式(数式は手入力)をいれて「追加」をしてみると、

合計の隣に税込金額が集計されました。

ちなみに列の見出しの名前は各項目の▼をクリックして「値フィールドの設定」から変更できます。

スライサー

例えば、こういった感じで、担当者を行ラベルにいれてもいいのですが、行ラベルに表示させたくないケースもあります。

そういった場合に、スライサーを挿入すると、ピボットテーブルに組み込まれていない項目でも抽出することができます。

例えば、担当にチェックを入れると、

こういった担当のスライサーが表示されます。

ここで「山本さん」だけを選択すると、山本さんのデータだけを表示することができます。

スライサー、複数設定もできます。

タイムライン

通常、ピボットテーブルは日付データから年ごとに自動集計されるのですが、このタイムラインを使うと、例えば年またぎでデータを選択して、ピボットテーブルに表示することができます。

タイムラインの挿入をクリックすると、期間を選択できるボタンが表示されます。

ここで期間を指定してあげると、その期間のデータだけが表示されます。

例えば、2016年9月〜2017年8月といった感じで。

一度やってみていただければ。


【編集後記】
W杯予選、アルゼンチンがついにプレーオフ圏内からも外れるヤバイ展開に。あと1試合、まだ可能性はあるだけに頑張って欲しいです。アルゼンチンのいないW杯なんて・・・。^^;

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
麺屋たけぞう 台湾まぜそば②(最初はいい感じだったけど、すぐに冷たくなってしまったのが残念、まぁ、私が冷たいのが好きじゃないっていうのもありますが。)