ParallelsのWindowsがフリーズしたときにやってみたこと 大ピンチからの生還

Macbook Pro

ここ2日PCのトラブルに見舞われました。

もしものときの対策は必要ですね。

ParallelsDesktopでMacとWindowsの共演が実現!

一昨日は朝からネットがつながらなくなり、そして昨日はMacに入っているWindowsがフリーズしてしまいました。^^;

Macの中にWindows?

私もWindowsを使っているとピンと来なかったのですが、MacにはParallelsDesktopという仮装ソフトをインストールするとMacでありながらWindowsを使うことができるのです。

なぜかWindowsにMacはできないんです。(私の知る限りは)

冒頭の写真、Macの画面の右下側に出ているのが、Windows10と表示されているのがわかります。

このWindowsが昨日の朝にいきなり真っ暗画面になりフリーズ…。

Windowsにインストールしたものはすべて消滅…?

Windowsの画面は真っ暗でまったく動かない状況。

暗闇の中で動くのはカーソルと画面右下の時計の時間表示だけ…。

ネットで調べたら画面上のメニューバーから「処理」→「STOP」を、と書いてあったのでやってみようと思ったのですが、そのメニューバーが反応しない。

Parallels本体が操作不能な場合には、option + command + esc キーを同時に押すと書いてあり、強制終了を試みましたがこれでも反応せす。

Finder→アプリケーション→ユーティリティ→アクティビティモニタで強制終了するファイルを探しましたがこれも見つかりません。

いよいよもう一度別のWindows環境を再構築することが現実味を帯びてきました…。

これまでにいろいろなソフトをインストールしてきたのに、また一からやり直ししないといけないのかと大ピンチに。^^;

解決方法は意外にもシンプルだった

いろいろやってみて、最後に考えたのが「Windowsを使っているとき、強制終了はどうやってやるんだっけ?」と。

Macの操作に慣れつつありましたので。

タスクマネージャーをこのWindowsだとどうやって??となり、調べた結果、操作方法は「option+delete+control+fn」だとわかり、早速実行。

Windowsの画面でようやく動きが…。ちょっと光が見えてきました。

タスクマネージャーを見てみたものの、どれを消せばいいのかわからず。

「ここでもがいてみるしかない!」と。

Windowsで動かすことができるのは、この操作とカーソルと時計の時刻だけ。

タスクマネージャーと一緒に画面に表示されていたサインアウトをして、もう一度サインインをしてみたら何と見事に復旧。

時間かかっていろいろやっていたけど、結果これだけの操作で復旧するなんて…。^^;

このWindowsのフリーズが起こったのが朝、回復したのが夕方。仕事しながら対応して結局半日かかりました。

「Macに変えるから~」と思うかもしれませんが、何のリスクも無しに新しい行動はできません。こういったことも折込み済です。

Windowsを使っていてもフリーズはよくありますし。

でもとりあえず復旧してよかったです。笑

これでまた同じことがあっても、慌てないで済みそうです。

【編集後記】
昨日は6/28に東京で開催することになったセミナーの告知を。借りれると算段していた会議室の先約があることが発覚したのが告知した後。そのあとすぐに決まりましたので、とりあえずひと安心。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
セミナー告知
れすなびで会場申込み
セミナー受付メールと入金確認メール送信
MacでWindowsフリーズ対応