何をやらないかは体験からも追加する。

独立

何をやるか、やらないかは人それぞれ。

じぶんなりに決めることができるものです。やらないことをきめておけば、それ以外のことはやりやすくなります。

やらないほうがいいこと

 

何をやるか、何をやらないか。
その基準は人によって違うものです。

 

ただ、何をやっていいかの範囲は広いため、逆にやらないことを決めておくという考え方があります。

法律に触れるようなことは、当然にやってはいけないことですが、それとは別にじぶんの中でやらないことを決めています。

 

わたしはそれをやらないこととしてリストにまとめて眺めるようにしています。

  • 発車直前の電車に駆け込む
  • 歩きスマホをする
  • 行列に並ぶ
  • 疲れたという
  • メルマガのリストを見る
  • 勝手メルマガを送る
  • 褒められたのに否定する
  • 考えても変わらないことを考える
  • 残業する

ときどき見てはじぶんに言い聞かせています。

 

まとめておくことで、同じてつを踏むことを防げます。

②小見出しでタイトルの答え

 

やらないことは、すべて最初から決めていたわけではありません。
常識としてやるべきでないこともあるのですが、過去の経験や失敗からも。

 

過去に経験したことでつらかったこと、じぶんの中でのダメ出しがあれば、それをメモし、繰り返さないようにしています。

 

前述の例でやらないことにしたのは、メルマガのリストを見るということ。
これはじぶんだけのルールです。

メルマガのリストを見ると登録している方、解約された方がわかります。

メルマガを始めた当時にリストを見てしまったことがあって、そのときに凹みました。今は慣れましたが。

 

もちろん、登録、解約は自由なのですが、モヤモヤはします。だから、そのときにリストに追加してそれ以降は、メルマガのリストを見ていません。

 

何人登録しているかは、配信時間の設定時にわかるので人数が増えたり減ったりはわかるのですが、まぁそれくらいは。

 

また、夜に電話しないのは、勤務時代に夜に着信があったときにもやもやしていた経験から、独立後はやらないことにし、今は電話すら使っていません。

そうしてじぶんが味わった体験をもとに、やらないほうがいいことが出てくれば追加しています。

 

やらないこと以外はやってみる

 

逆を言えば、やらないこと以外はやってもいいということ。
やらないことが自分ならではのものであるなら、やっていいこともじぶんならではでいいわけです。

独立後の思い込みや業界の慣習とやらもあるのですが、とらわれすぎずに自信をもってやっていきたいものです。

  • ブログなんて
  • メルマガなんて
  • ひとりなんて
  • 平日に仕事しないなんて
  • 税理士なのに
  • スーツ着ないなんて

というのはじぶんのやらないことにないので、試してはやってきました。

 

試しにやってみないと、じぶんにとって必要なことか、やるべきでないことかがもわかりません。
でも、やってみれば、はっきりします。

失敗したり後悔があったら、やらないこととして1つ追加をし、やっていいことはまた続ければいいわけですから。

 


【編集後記】
昨日はお客さまのHP用の写真撮影を。夕方に長男(7)と近所を散歩。最近は「寒いから…」とノリが悪かったのですが、昨日は自転車の練習をしたかったようで積極的に。ロッキーのイメージで楽しめました。

【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
お客さまのHP用の写真撮影