世の中とずらして常識から外れてみる。

独立

世の中には常識とされることが多くあります。
ただ、その動きにあわせず、あえてずらしてみるとメリットも多いです。

年末年始はイベント多し

 

年末年始にはイベントが多いもの。

  • 大晦日
  • 元旦
  • 初詣
  • 旅行

など、家族で集まったり、予定を入れることも多いでしょう。

 

連休ということもあり、家族も都合も合わせやすいですし、いつもより外出する人も増えるもの。
結果、遊びに出かけても行列ができていたり、渋滞になったりということがあります。

 

我が家は、この時期に人が集まる場所には行かないようにしています。
行きたい場所もあるのですが、あえて避けるようにしています。

やっているのは、世の中とできるだけ行動をずらすことです。

 

どこまでこだわるか

 

冒頭の写真は熱田神宮に昨日の夕方に行ったときにスマホで撮った1枚。

もっと明るい時間に行けばいいわけですが、家族が揃ってから出たので。

 

夕方だからけっこう暗めです。
この時間に行けば、誰ももいません。

 

でも、同じ場所でも数日後。大晦日や正月以降なら、夕方とはいえ状況はかなり違います。
身動きがとれないほど人がたくさんいますし、お参りするまで相当な時間がかかります。

 

正月には社内の敷地にクルマを駐車することもできませんし、それを見越して周辺のコインパーキングは、30分1,000円と超インフレ料金になります。
それをみるだけでもイラッとします。

 

 

「そうは言っても、やはり31日や正月に行かないと…」といった考えもあるかもしれません。
それはそうです。それが世の中の常識です。

 

ただ、同じ場所でも、日が違うだけで大人気で行列。
お参りするのにも一苦労です。帰るしかなくなります。

 

その人気の日程や時間にこだわらなれば、状況はかなり変わります。
こだわらずに世の中の動きとちょっとずらしてみるのも手です。

 

 

ちょっとだけずらしてみる

 

当たり前と思っていることは、実はそうでなかったりします。

 

  • 通勤する
  • 毎日残業
  • 繁忙期がある
  • ランチは12時
  • 電話を使う
  • 平日は遊べない
  • 外で仕事をしない
  • パソコンはWindows
  • 定時が決まっている

 

といったことは世の中の常識です。
ただ、よーく目を凝らしてみると、実はやってもいいし、やらなくてもいいことです。

ランチも12時にお店に行けば混雑しますが、11時に行けばガラガラです。

残業しなくても食べていけますし、平日にプライベートの予定を入れて、遊ぶ日もあります。
電話を使わなくても仕事はできます。

 

世の中とちょっとだけ動きをずらしてみれば、空いている場所があります。

スタバのMobile Order & Pay (モバイルオーダー&ペイ)でレシートが出ないことへの解決策。 – GO for IT 〜 税理士 植村 豪 Official Blog

世の中とずらすとなると非常識だと思われるかもしれませんが、周囲とちょっとずらすような意識をもっておくと、得られるメリットもあるものです。

 

 

 


【編集後記】
昨日は午後からセミナー開催。子どもたちが休みなのですが、外出していたので静かな中でできました。そのあとは動画編集をし、オンライストアで販売しました。夕方に家族で熱田神宮へ。
【昨日の1日1新】
※「1日1新」→詳細はコチラ
大乱闘スマッシュブラザーズ
Fit Boxing 北斗の拳